*

補聴器は早いうちから活用がおすすめ

公開日: : 最終更新日:2014/01/16 補聴器の買い方

まったく聞こえない状態でないかぎり、難聴でも大きな音は聞こえます。補聴器は音を大きくすることで低下した聴力をカバーする装置です。
聴覚は生活するうえで重要な情報源です。老人性難聴など、聴力の回復が難しい難聴に対しては、できるだけ早くから活用すると良いでしょう。
高齢になってから使おうとすると、操作に慣れにくく、聴神経の働きも低下しているため、使用を諦めてしまう人が少なくありません。補聴器の扱いに慣れるという点からも、早めの使用開始が薦められます。

補聴器に迷ったら!

関連記事

no image

補聴器をはじめて買うとき(4):自分に合った補聴器に出会う方法

この記事は、補聴器をはじめて買うとき(3)の続きです。 補聴器の下調べや自分の耳の状態を把握して、

記事を読む

no image

補聴器をはじめて買うとき(5):補聴器を試聴する場合

この記事は、補聴器をはじめて買うとき(4)の続きです。 【補聴器を試聴する】 購入したい補聴器が

記事を読む

support01

無償で補聴器が交付される制度

補聴器購入には公的な補助制度があります。 聴覚障害に該当した場合に、障害者自立支援法により補聴器が

記事を読む

no image

補聴器用の乾燥剤

補聴器は耳に装着するためにどうしても湿気てしまいがちです。 特に汗をかく人や、梅雨時など、湿気の多

記事を読む

no image

どんな時に補聴器を必要とするか

どんなときに補聴器を必要とするかは、その人のライフスタイルによって変わってきます。 たとえば、会社を

記事を読む

補聴器に迷ったら!

補聴器に迷ったら!

難聴の人向けスピーカー「COMUOON(コミューン)」

軽度~中程度の難聴の方で、補聴器がわずらわしいと感じている方には朗報か

no image
突発性難聴と野菜の摂取の関連性

ご存知のように、突発性難聴は原因もはっきりしなければ、根本的な治療法も

no image
突発性難聴改善に朗報!難聴になった耳を酷使することで聞こえが改善の研究

これは突発性難聴で苦しんでいる人にとって朗報になるかもしれません。

20131226-13122651-nhktextv-000-1-view
全聾の作曲家、佐村河内守さんをご存知ですか?

もうすぐソチオリンピックが始まりますね。 やはり期待なのはフィギュア

iPhoneに直接接続できる補聴器が実現するかも

以前の記事で「iPhone型の補聴器があればいいのに!」と書きましたが

→もっと見る

  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文

PAGE TOP ↑