*

無償で補聴器が交付される制度

公開日: : 最終更新日:2014/01/16 補聴器の買い方

補聴器購入には公的な補助制度があります。
聴覚障害に該当した場合に、障害者自立支援法により補聴器が交付される制度です。
それを受ける場合は、身体障害者手帳を所持していることが前提となります。
補聴器の補助制度の交付までの流れは以下の通りです。
1.申請
 補聴器の購入をする場合は区市町村に補聴器交付申請をして、必要な書類をもらう
2.指定医療機関で診断
 指定医に「診断書」「意見書」を書いてもらい、各区市町村に提出する
3.見積作成依頼
 補聴器の見積書を求められたら、購入を希望する補聴器販売店に書いてもらい、区市町村に提出する
4.支給決定
 補聴器支給が決定され、補聴器の交付券(補装具費支給券)を受け取る
5.購入
 交付券と引換に、補聴器販売店との契約により補聴器の購入を行う
6.支払・請求・支給

補聴器に迷ったら!

関連記事

耳鳴りを緩和させる器具

難聴とは別に、耳鳴りで悩まされている人は多いと思います。 とくに夜寝る前の無音時に、「キーン」とか

記事を読む

no image

一体いくらぐらいの補聴器を買えばいいの?

補聴器の価格は本当にピンキリで、安いものだと1万2万で売っている機種もありますし、最新鋭の機種になる

記事を読む

no image

補聴器は誰でも販売することができます。その弊害

日本では医師や言語聴覚士以外の、資格のない人でも補聴器を取り扱うことが可能です。 そこで、補聴器に

記事を読む

no image

補聴器をレンタルするという方法

本来であれば補聴器はひとりひとりにフィットさせたものを購入するのが間違いないです。 とはいっても、い

記事を読む

no image

補聴器は早いうちから活用がおすすめ

まったく聞こえない状態でないかぎり、難聴でも大きな音は聞こえます。補聴器は音を大きくすることで低下し

記事を読む

補聴器に迷ったら!

補聴器に迷ったら!

難聴の人向けスピーカー「COMUOON(コミューン)」

軽度~中程度の難聴の方で、補聴器がわずらわしいと感じている方には朗報か

no image
突発性難聴と野菜の摂取の関連性

ご存知のように、突発性難聴は原因もはっきりしなければ、根本的な治療法も

no image
突発性難聴改善に朗報!難聴になった耳を酷使することで聞こえが改善の研究

これは突発性難聴で苦しんでいる人にとって朗報になるかもしれません。

20131226-13122651-nhktextv-000-1-view
全聾の作曲家、佐村河内守さんをご存知ですか?

もうすぐソチオリンピックが始まりますね。 やはり期待なのはフィギュア

iPhoneに直接接続できる補聴器が実現するかも

以前の記事で「iPhone型の補聴器があればいいのに!」と書きましたが

→もっと見る

  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文

PAGE TOP ↑