*

補聴器をはじめて買うとき(6):補聴器を購入してから

公開日: : 最終更新日:2014/01/16 補聴器の買い方

この記事は、補聴器をはじめて買うとき(5)の続きです。
【補聴器に慣れる】
眼鏡をはじめて購入してつけた時、最初は視点が定まらなかったり、くらくらした経験があるかもしれません。
そして、補聴器は眼鏡以上に慣れるまでに時間と努力を要します。
ただ、ここを怠ってしまうと、補聴器の効果を生かしきれず、結局使わずじまい・・・ということにもなりかねません。面倒に感じるかもしれませんが、大切なステップと考えて、あせらずに、マイペースで慣れるようにしてください。
補聴器をつけてから慣れるまでの努力が必要なのは
・装用感(耳に着けたときの違和感は、最初は鬱陶しく感じられますが、じきに慣れます)
・音の違和感(特にご自分の声はこれまでと違って聞こえる場合が多いです)
・環境音(周囲の雑音は、耳が慣れてくるまでうるさく、煩わしく感じられるかもしれませんが、時間がたつにつれ不快感は緩和されていきます)
このような不快感や違和感は、はじめのうちはどうしても感じられてしまうのですが、「補聴器に慣れる努力」によって、徐々に自分の感覚に近いものになって行きます。
【補聴器に慣れる段階での注意事項】
補聴器を購入した時には、つい効果を目一杯体験しようとして感度やボリュームを最大にしてしまいがちですが、これはむしろ逆効果。耳が驚いてしまいます。まず最初には「慣れる」ことを最優先に音を絞って、徐々に自分に合った適量の音に上げていきましょう。
その他、補聴器を購入した直後に使用する時の注意点は、
・長時間の装用は避ける:最初のうちは長時間補聴器をつけているとイライラ感や疲労感が強く出てしまいます。最初のうちは「疲れたかな?」と思ったらそこでその日の装用は終了しましょう。
・音を大きくしすぎないように:よく聞こえるようにとボリュームを大きくすると、ノイズや音のひずみが発生して、かえって逆効果です。ご自分の耳に対する最適な音量がありますので、最初はボリュームが小さいぐらいの音で耳を慣らしながら、徐々に最適な音量まで上げていく必要があります。
・聞きたい音に注意を向ける:音を聞くという行為は、耳に入ってきた音を脳が情報の取捨選択をおこなってはじめて「聞く」ことができます。ですから、最初は新しく聞こえるようになった音と脳の判断基準をしっかり結びつける必要があります。そのため、最初はできるだけ騒音の少ない場所で、時計やメトロノームの音など、単調な音で耳を慣らしていきましょう。
・相手に向き合って、ゆっくりと話しをする:補聴器を着けるようになっても、特に最初のうちはまだ、うまく聞くことができません。ですから、会話をする時は、相手に向き合ってゆっくりと話してもらうようにしましょう。
補聴器をはじめて買うとき(7)に続きます

補聴器に迷ったら!

関連記事

no image

補聴器用の乾燥剤

補聴器は耳に装着するためにどうしても湿気てしまいがちです。 特に汗をかく人や、梅雨時など、湿気の多

記事を読む

no image

補聴器をはじめて買うとき(7):補聴器の手入れ・故障したとき

この記事は、補聴器をはじめて買うとき(6)の続きです。 【補聴器のお手入れ】 補聴器は超小型の精

記事を読む

no image

補聴器の価格の目安

補聴器1台の価格をあげてみます。 ただ、これはあくまで予算を考える上の目安です。メーカーによっても違

記事を読む

no image

iPhoneを補聴器がわりにするアプリ

iPhone・iPod touch ラボさんからの情報です。 http://ipodtouchlab

記事を読む

no image

補聴器をレンタルするという方法

本来であれば補聴器はひとりひとりにフィットさせたものを購入するのが間違いないです。 とはいっても、い

記事を読む

補聴器に迷ったら!

補聴器に迷ったら!

難聴の人向けスピーカー「COMUOON(コミューン)」

軽度~中程度の難聴の方で、補聴器がわずらわしいと感じている方には朗報か

no image
突発性難聴と野菜の摂取の関連性

ご存知のように、突発性難聴は原因もはっきりしなければ、根本的な治療法も

no image
突発性難聴改善に朗報!難聴になった耳を酷使することで聞こえが改善の研究

これは突発性難聴で苦しんでいる人にとって朗報になるかもしれません。

20131226-13122651-nhktextv-000-1-view
全聾の作曲家、佐村河内守さんをご存知ですか?

もうすぐソチオリンピックが始まりますね。 やはり期待なのはフィギュア

iPhoneに直接接続できる補聴器が実現するかも

以前の記事で「iPhone型の補聴器があればいいのに!」と書きましたが

→もっと見る

  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文

PAGE TOP ↑