*

「 補聴器の基礎知識 」 一覧

突発性難聴と野菜の摂取の関連性

ご存知のように、突発性難聴は原因もはっきりしなければ、根本的な治療法もまだ見つかっていない、とてもむずかしい病気です。 ですが、遠因として生活習慣の乱れがある、という見解があります。 中でも「

続きを見る

突発性難聴改善に朗報!難聴になった耳を酷使することで聞こえが改善の研究

これは突発性難聴で苦しんでいる人にとって朗報になるかもしれません。 生理学研究所(NIPS)は1月29日、「突発性難聴」を発症した患者に、聞こえが悪くなった耳を積極的に活用するリハビリテーシ

続きを見る

補聴器メーカーのツイッターアカウント

最近では様々な企業がツイッターアカウントを持ち、情報発信しています。 いまやソーシャルは会社にとっても、消費者にとっても、なくてはならないものになってきていますので、これは当然のことですよね。

続きを見る

耳鼻科にもいろいろあります。名医にかかりましょう。

聴覚に異変を感じたらまず耳鼻科に行って欲しいのですが、耳鼻科にもいろいろあります。次のチェックシートを活用して、良いお医者さんにかかってください。 1.日本耳鼻咽喉科学会認定専門医であること 2.補聴

続きを見る

先天性難聴は治る可能性もあります!

生まれつきの難聴、先天性難聴は約1000人にひとりの割合で罹患する可能性があります。 その約半数が重度難聴児です。聞き取りができないだけでなく、話すこともできず、社会生活に重大な支障をきたすことになり

続きを見る

外耳道の感染も原因となる耳のかゆみ・耳だれ

耳かきをしすぎて血が出たり、膿のようなものが出てくる経験はありませんか? 症状が続くようであれば耳鼻科での受診をおすすめします。 耳のかゆみや耳だれ(耳漏)を起こす病気に、外耳道湿疹、外耳道炎がありま

続きを見る

難聴が治癒する可能性

「聴こえ」が悪くなった時、まず最初に補聴器販売店に行こうと考えられるかもしれません。 しかし、「聴力の低下=補聴器」というのはいささか短絡的です。 もしかしたら病院(耳鼻咽喉科)で受診することで治

続きを見る

聴力障害とうつ病、認知症

難聴、聴力障害による「聴こえ」の低下は他の障害を伴ったり、引き起こしたりすることがわかってきました。 「聴こえ」が低下することで、言葉が曖昧に聞こえ、判別できる単語が減ってしまうのです。聴覚刺激がなく

続きを見る

メタボリック・シンドロームと難聴

年齢を重ねると難聴になりやすいと考えられがちですが、実は年齢よりも大きな要因があることが最近の研究でわかってきました。 その要因とは、動脈硬化と騒音にあるというのです。 騒音が難聴の大きな要因にな

続きを見る

残響と聞き取りづらさ

会議などでの発言が聞き取りづらい原因の一つに音の反射と残響があります。 耳の近くで話をしている時は音が直接耳に届きますが、会議などで離れている場所からの音は直接届く音以外に周囲の壁などで反射してきた

続きを見る

補聴器に迷ったら!

補聴器に迷ったら!

難聴の人向けスピーカー「COMUOON(コミューン)」

軽度~中程度の難聴の方で、補聴器がわずらわしいと感じている方には朗報か

no image
突発性難聴と野菜の摂取の関連性

ご存知のように、突発性難聴は原因もはっきりしなければ、根本的な治療法も

no image
突発性難聴改善に朗報!難聴になった耳を酷使することで聞こえが改善の研究

これは突発性難聴で苦しんでいる人にとって朗報になるかもしれません。

20131226-13122651-nhktextv-000-1-view
全聾の作曲家、佐村河内守さんをご存知ですか?

もうすぐソチオリンピックが始まりますね。 やはり期待なのはフィギュア

iPhoneに直接接続できる補聴器が実現するかも

以前の記事で「iPhone型の補聴器があればいいのに!」と書きましたが

→もっと見る

  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文

PAGE TOP ↑