*

補聴器と助聴器の違い

公開日: : 最終更新日:2014/01/16 補聴器の基礎知識

補聴器と助聴器のいちばん大きな差は、「医療機器」に認定されているかいないか、という区分です。
「補聴器」を名乗るには、「医療機器」として認定されるための申請が必要なのです。

それ以外にも、一般的な補聴器と助聴器の区別としては、補聴器が小型・常時装着・中程度~重度の難聴に対応しているのに対して、助聴器は比較的大型・必要時のみ装着・軽度の難聴者向け、という特質があります。

つまり、軽い難聴で、普段の生活にはほとんど支障がないけれど、会話が少し聞き取りづらい場合は補聴器ではなく気軽に使用できる助聴器を使うという選択肢も考えられます。
逆に、ある程度難聴が進んでいる方には、助聴器はあまりふさわしくないかもしれません。
補聴器を選ぶか助聴器にするかについては、ご自分の耳の状態や使用されるTPO、予算などをトータルに考えて選択する事をおすすめします。

補聴器に迷ったら!

関連記事

no image

補聴器相談医

耳鼻咽喉科の学会は「補聴器相談医」という認定制度を設けており、基準の講習および実習を受けた人に認定を

記事を読む

no image

いろいろな音域と難聴のタイプ

難聴には「特定の音域」に対する聴力がよくない、ということがあります。 加齢による難聴は特に高音域が

記事を読む

no image

聴力検査

聴力検査には、次のような種類があります。 ●気導聴力(純音聴力)検査 さまざまな音の高さ(周波数

記事を読む

no image

労災による補聴器の補助制度

例えば、職場が騒音にさらされている場合など、業務上の理由で難聴になった場合、労災で難聴を認定されると

記事を読む

no image

補聴器の障害者自立支援法による支給

難聴が重度で身体障害に該当する場合は、補聴器の支給あるいは補助を受けることが可能です。 この「重度

記事を読む

補聴器に迷ったら!

補聴器に迷ったら!

難聴の人向けスピーカー「COMUOON(コミューン)」

軽度~中程度の難聴の方で、補聴器がわずらわしいと感じている方には朗報か

no image
突発性難聴と野菜の摂取の関連性

ご存知のように、突発性難聴は原因もはっきりしなければ、根本的な治療法も

no image
突発性難聴改善に朗報!難聴になった耳を酷使することで聞こえが改善の研究

これは突発性難聴で苦しんでいる人にとって朗報になるかもしれません。

20131226-13122651-nhktextv-000-1-view
全聾の作曲家、佐村河内守さんをご存知ですか?

もうすぐソチオリンピックが始まりますね。 やはり期待なのはフィギュア

iPhoneに直接接続できる補聴器が実現するかも

以前の記事で「iPhone型の補聴器があればいいのに!」と書きましたが

→もっと見る

  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文

PAGE TOP ↑