*

聴力障害とうつ病、認知症

公開日: : 最終更新日:2014/01/16 補聴器の基礎知識

難聴、聴力障害による「聴こえ」の低下は他の障害を伴ったり、引き起こしたりすることがわかってきました。
「聴こえ」が低下することで、言葉が曖昧に聞こえ、判別できる単語が減ってしまうのです。聴覚刺激がなくなると、脳の聴皮質での反応の低下、つまり認知の低下をもたらします。そして、いったん聴覚認知が低下すると元には戻りません。
こうした状態を放置していると、認知症の原因ともなってくるのです。認知症になってしまうと、本人ばかりか家族など周囲の人にも大きな問題になります。
また、「聴こえ」の低下が原因で社会化から孤立し続けると二次的にこころの病気に発展する可能性もあります。
耳が聴こえないと、家族や友人との会話も少なくなり、交流も減ってしまい、これまで楽しんでいた趣味や仕事が楽しめなくなってきます。そのため「うつ気分」が続き、やがて何をするにも億劫になり意欲や活動が低下し、倦怠感や食欲不振、睡眠障害などに陥ってしまう可能性もあります。これはうつ病の始まりの症状で、精神科や心療内科など専門医の治療が必要になる場合もあります。
このように、聴力障害はこころの問題に発展する可能性が高いのです。

補聴器に迷ったら!

関連記事

no image

難聴の身体障害者障害程度等級表

日本では、身体障害者福祉法によって身体障害者等級を定めています。 身体障害者福祉法は身体障害者の福

記事を読む

no image

突発性難聴と野菜の摂取の関連性

ご存知のように、突発性難聴は原因もはっきりしなければ、根本的な治療法もまだ見つかっていない、とてもむ

記事を読む

no image

TRT(耳鳴り再訓練療法)

TRT(耳鳴り再訓練療法)とは、現在世界中で行われている耳鳴りの治療法の一つです。正式にはTinni

記事を読む

no image

聴力検査

聴力検査には、次のような種類があります。 ●気導聴力(純音聴力)検査 さまざまな音の高さ(周波数

記事を読む

no image

風切り音抑制機能

耳掛け型補聴器では、風などの空気の流れが補聴器のマイクのところで渦を巻いて、その音がうるさく聞こえて

記事を読む

補聴器に迷ったら!

補聴器に迷ったら!

難聴の人向けスピーカー「COMUOON(コミューン)」

軽度~中程度の難聴の方で、補聴器がわずらわしいと感じている方には朗報か

no image
突発性難聴と野菜の摂取の関連性

ご存知のように、突発性難聴は原因もはっきりしなければ、根本的な治療法も

no image
突発性難聴改善に朗報!難聴になった耳を酷使することで聞こえが改善の研究

これは突発性難聴で苦しんでいる人にとって朗報になるかもしれません。

20131226-13122651-nhktextv-000-1-view
全聾の作曲家、佐村河内守さんをご存知ですか?

もうすぐソチオリンピックが始まりますね。 やはり期待なのはフィギュア

iPhoneに直接接続できる補聴器が実現するかも

以前の記事で「iPhone型の補聴器があればいいのに!」と書きましたが

→もっと見る

  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文

PAGE TOP ↑