*

補聴器の障害者自立支援法による支給

公開日: : 最終更新日:2014/01/17 補聴器の基礎知識

難聴が重度で身体障害に該当する場合は、補聴器の支給あるいは補助を受けることが可能です。
この「重度の身体障害」というのは、例えば1メートルほどの距離でも大声を出さないと会話が困難なほどでないと該当しません。
しかし、もし日常生活に支障をきたすような状態であれば、身体障害に該当するか、耳鼻咽喉科で聴力検査を受けましょう。ただし、書類の作成は市区町村の「指定医」でないとできません。
まずは市区町村の福祉課に問い合せて、指定医を紹介してもらいましょう。
その後、補聴器店で見積もりを作ったりする時間がかかるため、補聴器が手に入るまでには約1ヶ月ほどかかります。また、ほしいと思った補聴器購入価格の全額が支給されるのではなく、決められた自立支援法対応補聴器が基準となり、そのうち9割の補助を受けることができます。そのため、ほしいと思った補聴器を購入する場合は差額を自己負担することになります。

補聴器に迷ったら!

関連記事

no image

補聴器外来を設けている病院(関東)

補聴器を購入される時には、直接ショップに行く前に一度耳鼻咽喉科に行かれる事をおすすめします。 そのな

記事を読む

no image

補聴器を使いはじめの時の注意点

新しく補聴器を買った際に、せっかく新しく買ったからと、いきなり長時間使用すると疲れや頭が痛くなる、耳

記事を読む

no image

耳鼻科にもいろいろあります。名医にかかりましょう。

聴覚に異変を感じたらまず耳鼻科に行って欲しいのですが、耳鼻科にもいろいろあります。次のチェックシート

記事を読む

no image

イヤーモールドとはなにか

イヤーモールドとは、耳から型をとったオーダーメイドの耳栓のことです。 従来タイプの耳掛け型補聴器を

記事を読む

odiogram

オージオグラム

前項にも書きましたが、聴力検査の結果は「オージオグラム」という形で記録されます。 オージオグラムの

記事を読む

補聴器に迷ったら!

補聴器に迷ったら!

難聴の人向けスピーカー「COMUOON(コミューン)」

軽度~中程度の難聴の方で、補聴器がわずらわしいと感じている方には朗報か

no image
突発性難聴と野菜の摂取の関連性

ご存知のように、突発性難聴は原因もはっきりしなければ、根本的な治療法も

no image
突発性難聴改善に朗報!難聴になった耳を酷使することで聞こえが改善の研究

これは突発性難聴で苦しんでいる人にとって朗報になるかもしれません。

20131226-13122651-nhktextv-000-1-view
全聾の作曲家、佐村河内守さんをご存知ですか?

もうすぐソチオリンピックが始まりますね。 やはり期待なのはフィギュア

iPhoneに直接接続できる補聴器が実現するかも

以前の記事で「iPhone型の補聴器があればいいのに!」と書きましたが

→もっと見る

  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文

PAGE TOP ↑