*

イヤーモールドとはなにか

公開日: : 最終更新日:2014/01/17 補聴器の基礎知識

イヤーモールドとは、耳から型をとったオーダーメイドの耳栓のことです。
従来タイプの耳掛け型補聴器を使う場合は、付属品としてついてくる耳栓ではなく、可能であればきちんとご自身の耳から型をとって作ったイヤーモールドを使ったほうが良いです。
イヤーモールドは、耳と補聴器の状態を安定させるので、落ちたりずれたりすることがなくなる上、外耳炎なども起きにくくなります。また、イヤーモールド自体でも、ある程度音を調整することが可能なので、音のこもり感を軽減したりできます。
イヤーモールドは耳掛け型のうち通常タイプのものだけでなくRICタイプや細径タイプの補聴器でも作ることができます。高度難聴の場合には、音の漏れをなくしてハウリング音を防ぐためにイヤーモールドは必須となります。
耐久性や表面の滑らかさ、加工のしやすさから一般的にはアクリル素材が使われますが、ソフトタイプのものや、体温で柔らかくなって密着するもの、アトピー体質の人にはシリコンなどの低アレルギーのものなど、様々な素材があります。
このイヤーモールドには「ベント」と呼ばれる通気孔が開けられています。これは耳のこもり感や圧迫感を軽減するためのものなのですが、大きく開ければそれだけ開放感が出てくる一方、低音が漏れてしまったりハウリングが起きやすくなりますので、ベントの大きさは聴力によって異なります。重度難聴の場合は音が漏れないよう密閉する必要がありますので、ベントは開けられません。

補聴器に迷ったら!

関連記事

no image

聴力検査

聴力検査には、次のような種類があります。 ●気導聴力(純音聴力)検査 さまざまな音の高さ(周波数

記事を読む

no image

補聴器用語集(あ行・か行)

補聴器の事を調べようとしても、専門用語がたくさんでてきてよくわからない・・・という時のために、補聴器

記事を読む

no image

難聴の危険因子

日々の生活の過ごし方によって難聴になりやすい危険が存在します。 最も注意しなければいけないのは言う

記事を読む

odiogram

オージオグラム

前項にも書きましたが、聴力検査の結果は「オージオグラム」という形で記録されます。 オージオグラムの

記事を読む

no image

いろいろな音域と難聴のタイプ

難聴には「特定の音域」に対する聴力がよくない、ということがあります。 加齢による難聴は特に高音域が

記事を読む

補聴器に迷ったら!

補聴器に迷ったら!

難聴の人向けスピーカー「COMUOON(コミューン)」

軽度~中程度の難聴の方で、補聴器がわずらわしいと感じている方には朗報か

no image
突発性難聴と野菜の摂取の関連性

ご存知のように、突発性難聴は原因もはっきりしなければ、根本的な治療法も

no image
突発性難聴改善に朗報!難聴になった耳を酷使することで聞こえが改善の研究

これは突発性難聴で苦しんでいる人にとって朗報になるかもしれません。

20131226-13122651-nhktextv-000-1-view
全聾の作曲家、佐村河内守さんをご存知ですか?

もうすぐソチオリンピックが始まりますね。 やはり期待なのはフィギュア

iPhoneに直接接続できる補聴器が実現するかも

以前の記事で「iPhone型の補聴器があればいいのに!」と書きましたが

→もっと見る

  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文

PAGE TOP ↑