*

補聴器を両耳で装用する利点

公開日: : 最終更新日:2014/01/16 補聴器の基礎知識

補聴器は片耳で使用するものだという概念をお持ちの方も多いかと思いますが、左右の聴力に差がない場合には両耳装用が理想です。
利点としては、まずどの方向から音が聞こえてもそれを聞き取ることができます。もし補聴器を片側だけにつけた状態ですと、つけていない側から話しかけられたときに聞き取りにくくなります。
また、音の方向感は両耳から同じ大きさで音が入ったほうがより明確になります。左右の耳に届く音の微妙な遅れや大きさの違いを感じ取ることで方向感がつかめるのです。この方向感は、例えば自動車がどちらから近付いているかを察知するなど、危険回避にも重要になってきます。
両耳で聞くことの利点としては他にも、両耳で聞くことで片耳の場合に比べて会話レベルの大きさでは6デシベルの小さな音が聞き取れると言われています。また、両耳で音を聞くと周囲の雑音の中から意味のある「言葉」を聞き分ける能力が上がるとされています。つまり、脳は両耳に音が入るほうが言葉を理解しやすくなるのです。
このように、補聴器を両耳に付けることは多くのメリットがあります。片耳のみに比べて費用は倍になってしまいますが、それを補うだけの利点があるのです。

補聴器に迷ったら!

関連記事

no image

いろいろな音域と難聴のタイプ

難聴には「特定の音域」に対する聴力がよくない、ということがあります。 加齢による難聴は特に高音域が

記事を読む

no image

指向性とはなにか

指向性とは、横や後ろからの音に比べて、前方からの音をよく聞こえるように設定したものです。普通、人と話

記事を読む

no image

風切り音抑制機能

耳掛け型補聴器では、風などの空気の流れが補聴器のマイクのところで渦を巻いて、その音がうるさく聞こえて

記事を読む

no image

補聴器用語集(さ行・た行)

補聴器の事を調べようとしても、専門用語がたくさんでてきてよくわからない・・・という時のために、補聴器

記事を読む

no image

補聴器の耐用年数

一般に補聴器の耐用年数は5年とされていて、補聴器への補助金等でもこの5年がひとつの目安とされています

記事を読む

補聴器に迷ったら!

補聴器に迷ったら!

難聴の人向けスピーカー「COMUOON(コミューン)」

軽度~中程度の難聴の方で、補聴器がわずらわしいと感じている方には朗報か

no image
突発性難聴と野菜の摂取の関連性

ご存知のように、突発性難聴は原因もはっきりしなければ、根本的な治療法も

no image
突発性難聴改善に朗報!難聴になった耳を酷使することで聞こえが改善の研究

これは突発性難聴で苦しんでいる人にとって朗報になるかもしれません。

20131226-13122651-nhktextv-000-1-view
全聾の作曲家、佐村河内守さんをご存知ですか?

もうすぐソチオリンピックが始まりますね。 やはり期待なのはフィギュア

iPhoneに直接接続できる補聴器が実現するかも

以前の記事で「iPhone型の補聴器があればいいのに!」と書きましたが

→もっと見る

  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文

PAGE TOP ↑