*

補装具費支給制度(東京都心身障害者福祉センター)

公開日: : 最終更新日:2014/01/17 補聴器の基礎知識

東京都心身障害者福祉センターの補聴器の支給制度についてです。
補装具支給制度 東京都福祉保健局
●補装具費の支給について
・補装具費の支給を受けるには
補装具費の支給(購入又は修理)を受けるには、支給を申請する時点で身体障害者手帳を所持し、判定等により補装具費の支給が必要な障害状況と認められる必要があります。
●補装具の判定
補装具費の支給に際して、身体障害者(18歳以上)の場合は身体障害者更生相談所の判定が必要です。
補装具の種類によっては医師の意見書による書類判定も可能です。
東京都では、身体障害者福祉法第15条に定められた医師、又は障害者自立支援法第59条に基づく更生医療を主として担当する医師(以下併せて「指定医」という)が補装具費支給意見書を作成することとしています。
また、身体障害児(18歳未満)に対する補装具費の支給には、原則として、表に示した意見照会機関の医師が作成した補装具費支給意見書が必要です。
●補装具判定等の方法
1.身体障害者更生相談所が、指定医の意見書により判定(書類判定)※
補聴器(標準型(片耳)を除く)、車いす(手押し型以外のオーダーメイド)、重度障害者用意思伝達装置*
※意見書により判断が難しい場合は、直接判定に変更することがあります。
*申請者の状況を確認の上、判定方法を決定します。
2.区市町村が、指定医の意見書により判断※ 義眼、矯正眼鏡、コンタクトレンズ、弱視眼鏡、遮光眼鏡、補聴器(標準型(片耳))、車いす(手押し型オーダーメイド、手押し型以外のレディメイド)、歩行器
※意見書により判定が難しい場合は、センターが判定することがあります。
●補装具費の再支給
・補装具費の支給制度では種目や型式ごとに耐用年数(通常の装用状態において当該補装具が修理不能となるまでの想定年数)が設定されており、通常の補装具の再支給は耐用年数を過ぎてから行われます。
(補聴器の場合、耐用年数は5年)

補聴器に迷ったら!

関連記事

no image

補聴器外来を設けている病院(関東)

補聴器を購入される時には、直接ショップに行く前に一度耳鼻咽喉科に行かれる事をおすすめします。 そのな

記事を読む

no image

補聴器相談医

耳鼻咽喉科の学会は「補聴器相談医」という認定制度を設けており、基準の講習および実習を受けた人に認定を

記事を読む

no image

外耳道の感染も原因となる耳のかゆみ・耳だれ

耳かきをしすぎて血が出たり、膿のようなものが出てくる経験はありませんか? 症状が続くようであれば耳鼻

記事を読む

no image

ハウリング抑制

ハウリングとは、以前にも書いたようにキーンとかワーンとかピーピーといった不快な音が生じることをいいま

記事を読む

no image

補聴器を両耳で装用する利点

補聴器は片耳で使用するものだという概念をお持ちの方も多いかと思いますが、左右の聴力に差がない場合には

記事を読む

補聴器に迷ったら!

補聴器に迷ったら!

難聴の人向けスピーカー「COMUOON(コミューン)」

軽度~中程度の難聴の方で、補聴器がわずらわしいと感じている方には朗報か

no image
突発性難聴と野菜の摂取の関連性

ご存知のように、突発性難聴は原因もはっきりしなければ、根本的な治療法も

no image
突発性難聴改善に朗報!難聴になった耳を酷使することで聞こえが改善の研究

これは突発性難聴で苦しんでいる人にとって朗報になるかもしれません。

20131226-13122651-nhktextv-000-1-view
全聾の作曲家、佐村河内守さんをご存知ですか?

もうすぐソチオリンピックが始まりますね。 やはり期待なのはフィギュア

iPhoneに直接接続できる補聴器が実現するかも

以前の記事で「iPhone型の補聴器があればいいのに!」と書きましたが

→もっと見る

  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文

PAGE TOP ↑