*

難聴の身体障害者障害程度等級表

公開日: : 最終更新日:2014/01/17 補聴器の基礎知識

日本では、身体障害者福祉法によって身体障害者等級を定めています。
身体障害者福祉法は身体障害者の福祉・更生を目的に1949年に制定されましたが、1990年に大幅に改正されました。
身体障害者としての高度難聴は、以下のように等級に分かれています。

2級:両耳の聴力レベルがそれぞれ100dB以上のもの(両耳全聾)
3級:両耳の聴力レベルが90dB以上のもの(耳介に接しなければ大声語を理解し得ないもの)
4級
1. 両耳の聴力レベルが80dB以上のもの(耳介に接しなければ話声語を理解し得ないもの)
2. 両耳による普通話声の最良の語音明瞭度が50%以下のもの
6級
1. 両耳の聴力レベルが70dB以上のもの(40cm以上の距離で発声された会話語を理解し得ないもの)
2. 一側耳の聴力レベルが90dB以上、他耳の聴力レベルが50dB以上のもの
同一の等級について2つの重複する障害がある場合は、1級上の級とする。ただし、2つの重複する障害が特に本表中に指定されているものは、該当等級とする。異なる等級について2つ以上の重複する障害がある場合については障害の程度を勘案して、当該等級より上の級とすることができる。5級および7級の欄には記載がない。

補聴器に迷ったら!

関連記事

no image

聴力障害とうつ病、認知症

難聴、聴力障害による「聴こえ」の低下は他の障害を伴ったり、引き起こしたりすることがわかってきました。

記事を読む

no image

指向性とはなにか

指向性とは、横や後ろからの音に比べて、前方からの音をよく聞こえるように設定したものです。普通、人と話

記事を読む

no image

TRT(耳鳴り再訓練療法)

TRT(耳鳴り再訓練療法)とは、現在世界中で行われている耳鳴りの治療法の一つです。正式にはTinni

記事を読む

no image

補聴器を両耳で装用する利点

補聴器は片耳で使用するものだという概念をお持ちの方も多いかと思いますが、左右の聴力に差がない場合には

記事を読む

no image

補聴器の耐用年数

一般に補聴器の耐用年数は5年とされていて、補聴器への補助金等でもこの5年がひとつの目安とされています

記事を読む

補聴器に迷ったら!

補聴器に迷ったら!

難聴の人向けスピーカー「COMUOON(コミューン)」

軽度~中程度の難聴の方で、補聴器がわずらわしいと感じている方には朗報か

no image
突発性難聴と野菜の摂取の関連性

ご存知のように、突発性難聴は原因もはっきりしなければ、根本的な治療法も

no image
突発性難聴改善に朗報!難聴になった耳を酷使することで聞こえが改善の研究

これは突発性難聴で苦しんでいる人にとって朗報になるかもしれません。

20131226-13122651-nhktextv-000-1-view
全聾の作曲家、佐村河内守さんをご存知ですか?

もうすぐソチオリンピックが始まりますね。 やはり期待なのはフィギュア

iPhoneに直接接続できる補聴器が実現するかも

以前の記事で「iPhone型の補聴器があればいいのに!」と書きましたが

→もっと見る

  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文

PAGE TOP ↑