*

補聴器を買う前に!聴力検査

公開日: : 最終更新日:2014/01/16 補聴器の基礎知識

聴力を検査するには、
1.肉声を聞き取ることが出来るかの検査
2.機械を使う検査
の2種類があります。
そのうち、機械を使う検査では、「オージオメーター」という機械によって聴力を検査します。
いくつかの周波数の音を、非常に弱いレベルから徐々にあげていって、どの時点で感知できたかを調べ、その結果をオージオグラムとして記録するのです。
オージオグラムは、縦軸がどのぐらいの音量で感知できたか、その音量(デシベルdb)、横軸が音の高低である周波数(ヘルツHz)を表します
このオージオグラムを使う聴力検査では、普通周波数は1,000ヘルツと4,000ヘルツの2点で調べます。
この検査において、普通の人のレベルであれば、どの周波数においても30デシベル以下でしょう。4,000ヘルツで40デシベルの音が聴取可能であれば、正常とされています。
これが中音域(1,000ヘルツ)で40-50デシベルともなってくると、生活に支障をきたす場合もあります(軽度難聴)。50デシベルを超えてくると、なんらかの対応が必要なレベルの難聴です。
詳しくは→こちらも参考にしてください。
オージオグラム
このように、聴力検査は自分が難聴かどうかを判断するために非常に重要です。
生活をしていて、ちょっと耳の聞こえ方がおかしいと思われましたら、ぜひ聴力検査を受ける事をおすすめします。
病院だけでなく、補聴器販売店などで無料で測定する事も出来るので、お近くの補聴器販売店に相談されると良いでしょう。

補聴器に迷ったら!

関連記事

可聴周波数域チェッカ

ご自宅のパソコンで簡単に聴力検査ができるソフト

いまのご自分の耳の状態については、常に知っておきたいところです。 特に、少し耳の聞こえ方が悪くなっ

記事を読む

no image

補聴器の耐用年数

一般に補聴器の耐用年数は5年とされていて、補聴器への補助金等でもこの5年がひとつの目安とされています

記事を読む

no image

指向性とはなにか

指向性とは、横や後ろからの音に比べて、前方からの音をよく聞こえるように設定したものです。普通、人と話

記事を読む

no image

イヤーモールドとはなにか

イヤーモールドとは、耳から型をとったオーダーメイドの耳栓のことです。 従来タイプの耳掛け型補聴器を

記事を読む

no image

補聴器の聞こえ方を左右するまわりの人の心がけ

補聴器をつけた場合でも、周囲の人の協力が聞こえ方を大きく左右します。 補聴器を利用している人と話す

記事を読む

補聴器に迷ったら!

補聴器に迷ったら!

難聴の人向けスピーカー「COMUOON(コミューン)」

軽度~中程度の難聴の方で、補聴器がわずらわしいと感じている方には朗報か

no image
突発性難聴と野菜の摂取の関連性

ご存知のように、突発性難聴は原因もはっきりしなければ、根本的な治療法も

no image
突発性難聴改善に朗報!難聴になった耳を酷使することで聞こえが改善の研究

これは突発性難聴で苦しんでいる人にとって朗報になるかもしれません。

20131226-13122651-nhktextv-000-1-view
全聾の作曲家、佐村河内守さんをご存知ですか?

もうすぐソチオリンピックが始まりますね。 やはり期待なのはフィギュア

iPhoneに直接接続できる補聴器が実現するかも

以前の記事で「iPhone型の補聴器があればいいのに!」と書きましたが

→もっと見る

  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文

PAGE TOP ↑