*

どのくらいの聴力になったら補聴器を使えばいいか

公開日: : 最終更新日:2014/01/16 補聴器の基礎知識

普段人と接することが少ない人と、仕事上会話をすることが多く、聞き漏らしがあってはならない人とでは、同じ程度の難聴であっても補聴器の必要性が異なります。
また、本人の感じている聞こえ方の困難さは必ずしも検査の値と一致しません。あるいは経済面でもひとりひとり事情が異なります。
とはいえ、ある程度の目安として、やはり聴力を基準とした補聴器の推奨値が必要でしょう。そのためには、まず自分の聴力の平均値を調べてみましょう。
かつては平均聴力が60デシベルを超えたら補聴器が必要と言われていましたが、最近では補聴器の技術の進歩にともない次第に軽度の難聴でも補聴器が推奨されるようになってきています。現在では40デシベルを超えた程度から補聴器をつけるのが良いとされています。これは、言葉の中の子音の音成分の多くが40デシベル以内の大きさにあるため、ちょうどそれくらいから会話の聞き取りが急激に困難になってくるからです。
最近のデジタル補聴器では従来よりも雑音も少なく、音を自然に聞くことができるようになってきています。補聴器の装着のデメリットが少なくなった分、例えば30デシベル程度の難聴や、高音域だけの難聴でも違和感なく補聴器のメリットを享受できるようになってきました。難聴の程度が軽度でも、日常生活に不便さが生じるようであれば、補聴器店に相談してみるとよいと思います。

補聴器に迷ったら!

関連記事

no image

いろいろな音域と難聴のタイプ

難聴には「特定の音域」に対する聴力がよくない、ということがあります。 加齢による難聴は特に高音域が

記事を読む

no image

寒さと補聴器用電池との関係

元ネタ:ナショナル補聴器センターからのお手紙 冬は電池にはつらい季節 冬、お客様から多くなるご相談が

記事を読む

no image

補聴器外来を設けている病院(中部・北陸)

補聴器を購入される時には、直接ショップに行く前に一度耳鼻咽喉科に行かれる事をおすすめします。 そのな

記事を読む

no image

残響と聞き取りづらさ

会議などでの発言が聞き取りづらい原因の一つに音の反射と残響があります。 耳の近くで話をしている時は

記事を読む

no image

聴力検査

聴力検査には、次のような種類があります。 ●気導聴力(純音聴力)検査 さまざまな音の高さ(周波数

記事を読む

補聴器に迷ったら!

補聴器に迷ったら!

難聴の人向けスピーカー「COMUOON(コミューン)」

軽度~中程度の難聴の方で、補聴器がわずらわしいと感じている方には朗報か

no image
突発性難聴と野菜の摂取の関連性

ご存知のように、突発性難聴は原因もはっきりしなければ、根本的な治療法も

no image
突発性難聴改善に朗報!難聴になった耳を酷使することで聞こえが改善の研究

これは突発性難聴で苦しんでいる人にとって朗報になるかもしれません。

20131226-13122651-nhktextv-000-1-view
全聾の作曲家、佐村河内守さんをご存知ですか?

もうすぐソチオリンピックが始まりますね。 やはり期待なのはフィギュア

iPhoneに直接接続できる補聴器が実現するかも

以前の記事で「iPhone型の補聴器があればいいのに!」と書きましたが

→もっと見る

  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文

PAGE TOP ↑