*

ハウリング抑制

公開日: : 最終更新日:2014/01/17 補聴器の基礎知識

ハウリングとは、以前にも書いたようにキーンとかワーンとかピーピーといった不快な音が生じることをいいます。
補聴器のマイクから入った音は、補聴器の内部で拡大されてスピーカーから音として出力されますが、その出力された音をマイクがまた拾ってしまい、音がループしてしまってどんどん大きな音になっていってしまうのがハウリングのメカニズムです。カラオケのマイクなども、マイクの位置によってこうしたハウリングが出るのはご存知でしょう。
補聴器にとってハウリングはとてもやっかいな現象です。なぜなら、音を大きく聞こえさせようとして、音の大きさを拡大するとハウリングが起きてしまうので、大きな音を出せなくなってしまうからです。このハウリングを防ぐにはマイクとスピーカーの位置をできるだけ離すか、音が漏れないように耳をしっかり密閉する必要がありました。かといってマイクを耳から遠いところに置くと耳にやってくる本来の音とはずれが生じてしまいますし、見た目にも目立ってしまいます。また、耳を密閉すると音がこもってしまいがちです。
最近の技術では、このハウリングをかなり低減させることができるようになりました。方法としては、ハウリングが起きている部分だけにフォーカスして音を小さくする方法、「ノイズキャンセレーション」というハウリング音と逆位相の音信号で打ち消してしまう方法、補聴器から出る音自体の高さをずらすことで音がループにならないようにする方法などがあります。
こうしてハウリングを低減させることができるようになった結果、耳を塞がないオープンタイプの補聴器が発売されるようになったのです。

補聴器に迷ったら!

関連記事

no image

補聴器の耐用年数

一般に補聴器の耐用年数は5年とされていて、補聴器への補助金等でもこの5年がひとつの目安とされています

記事を読む

no image

新生児聴覚スクリーニング

子供の難聴には先天性のものと後天性のものがありますが、高度難聴の多くは先天性のものです。先天性難聴と

記事を読む

no image

先天性難聴は治る可能性もあります!

生まれつきの難聴、先天性難聴は約1000人にひとりの割合で罹患する可能性があります。 その約半数が重

記事を読む

no image

外耳道の感染も原因となる耳のかゆみ・耳だれ

耳かきをしすぎて血が出たり、膿のようなものが出てくる経験はありませんか? 症状が続くようであれば耳鼻

記事を読む

no image

聴力検査

聴力検査には、次のような種類があります。 ●気導聴力(純音聴力)検査 さまざまな音の高さ(周波数

記事を読む

補聴器に迷ったら!

補聴器に迷ったら!

難聴の人向けスピーカー「COMUOON(コミューン)」

軽度~中程度の難聴の方で、補聴器がわずらわしいと感じている方には朗報か

no image
突発性難聴と野菜の摂取の関連性

ご存知のように、突発性難聴は原因もはっきりしなければ、根本的な治療法も

no image
突発性難聴改善に朗報!難聴になった耳を酷使することで聞こえが改善の研究

これは突発性難聴で苦しんでいる人にとって朗報になるかもしれません。

20131226-13122651-nhktextv-000-1-view
全聾の作曲家、佐村河内守さんをご存知ですか?

もうすぐソチオリンピックが始まりますね。 やはり期待なのはフィギュア

iPhoneに直接接続できる補聴器が実現するかも

以前の記事で「iPhone型の補聴器があればいいのに!」と書きましたが

→もっと見る

  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文

PAGE TOP ↑