*

補聴器の寿命

公開日: : 最終更新日:2014/01/16 補聴器の基礎知識

補聴器の寿命は、意外と短い場合があります。
使用頻度やお手入れの状況によって大きく変わりますが、
だいたい3年~5年が寿命と言われています。
公的補助を受けた補聴器の耐応年数は原則5年になっています。
補聴器は高額な機器ですので、もう少し長く使いたいところですが、精密機器ですので、どうしても傷んだりしやすいようです。
いずれにしても、お手入れをこまめに行うかどうかで寿命は大きく変わってきますので、ていねいに手入れをしたいところです。

補聴器に迷ったら!

関連記事

no image

聴力検査

聴力検査には、次のような種類があります。 ●気導聴力(純音聴力)検査 さまざまな音の高さ(周波数

記事を読む

twitter

補聴器メーカーのツイッターアカウント

最近では様々な企業がツイッターアカウントを持ち、情報発信しています。 いまやソーシャルは会社にとっ

記事を読む

no image

ハウリング抑制

ハウリングとは、以前にも書いたようにキーンとかワーンとかピーピーといった不快な音が生じることをいいま

記事を読む

no image

外耳道レシーバー補聴器(RIC)

RICとは、Receiver in the canalの頭文字をとったもので、日本では「外耳道レシー

記事を読む

no image

難聴の危険因子

日々の生活の過ごし方によって難聴になりやすい危険が存在します。 最も注意しなければいけないのは言う

記事を読む

補聴器に迷ったら!

補聴器に迷ったら!

難聴の人向けスピーカー「COMUOON(コミューン)」

軽度~中程度の難聴の方で、補聴器がわずらわしいと感じている方には朗報か

no image
突発性難聴と野菜の摂取の関連性

ご存知のように、突発性難聴は原因もはっきりしなければ、根本的な治療法も

no image
突発性難聴改善に朗報!難聴になった耳を酷使することで聞こえが改善の研究

これは突発性難聴で苦しんでいる人にとって朗報になるかもしれません。

20131226-13122651-nhktextv-000-1-view
全聾の作曲家、佐村河内守さんをご存知ですか?

もうすぐソチオリンピックが始まりますね。 やはり期待なのはフィギュア

iPhoneに直接接続できる補聴器が実現するかも

以前の記事で「iPhone型の補聴器があればいいのに!」と書きましたが

→もっと見る

  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文

PAGE TOP ↑