*

難聴が治癒する可能性

公開日: : 最終更新日:2014/01/16 補聴器の基礎知識

「聴こえ」が悪くなった時、まず最初に補聴器販売店に行こうと考えられるかもしれません。
しかし、「聴力の低下=補聴器」というのはいささか短絡的です。
もしかしたら病院(耳鼻咽喉科)で受診することで治療が可能な症状かもしれないのです。
ですから、「聴こえが悪くなった」「聞き間違えをする」などの症状が現れたら、まず最初に耳鼻咽喉科を受診することをおすすめします。治療が可能な場合もたくさんあります。
例えば、
・少しづつ聴こえが悪くなり、歳のせいかと思っていたら、実は耳垢がたまっていただけだった
・昔から聴力低下があったのだが、その原因が滲出性中耳炎だった
・子供の時に聴こえが悪く、病院では治しようがないと言われたのでそのままにしていたのだが、最近になって「先天性中耳奇形」が原因とわかり、手術で改善した
・全く聴こえなくなり治療法がなかったが、近年開発された人工内耳によって健常者とほぼ同じように会話ができるようになった
このように、聴力が低下し、難聴と思われるような場合でも、原因が他にあったり、近年の医学の進歩によって治療法の道筋が見えたりすることもあります。
まずは病院で診察を受けてみましょう。その上で補聴器を装着するのが一番適当という判断が下されてから、補聴器専門店を訪れるようにするのが理想的です。

補聴器に迷ったら!

関連記事

rionkids

子供の難聴と補聴器

お子さんが難聴の場合、最も問題になるのは「他人が難聴に気がつかない」ことです。 特に乳幼児の難聴は

記事を読む

可聴周波数域チェッカ

ご自宅のパソコンで簡単に聴力検査ができるソフト

いまのご自分の耳の状態については、常に知っておきたいところです。 特に、少し耳の聞こえ方が悪くなっ

記事を読む

no image

突発性難聴改善に朗報!難聴になった耳を酷使することで聞こえが改善の研究

これは突発性難聴で苦しんでいる人にとって朗報になるかもしれません。 生理学研究所(NIPS

記事を読む

no image

補聴器に慣れること

補聴器をつけるようになると、会話が聞こえるだけでなくこれまで聞こえなかったいろいろな音もいっしょに聞

記事を読む

no image

メタボリック・シンドロームと難聴

年齢を重ねると難聴になりやすいと考えられがちですが、実は年齢よりも大きな要因があることが最近の研究で

記事を読む

補聴器に迷ったら!

補聴器に迷ったら!

難聴の人向けスピーカー「COMUOON(コミューン)」

軽度~中程度の難聴の方で、補聴器がわずらわしいと感じている方には朗報か

no image
突発性難聴と野菜の摂取の関連性

ご存知のように、突発性難聴は原因もはっきりしなければ、根本的な治療法も

no image
突発性難聴改善に朗報!難聴になった耳を酷使することで聞こえが改善の研究

これは突発性難聴で苦しんでいる人にとって朗報になるかもしれません。

20131226-13122651-nhktextv-000-1-view
全聾の作曲家、佐村河内守さんをご存知ですか?

もうすぐソチオリンピックが始まりますね。 やはり期待なのはフィギュア

iPhoneに直接接続できる補聴器が実現するかも

以前の記事で「iPhone型の補聴器があればいいのに!」と書きましたが

→もっと見る

  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文

PAGE TOP ↑