*

外耳道レシーバー補聴器(RIC)

公開日: : 最終更新日:2014/01/17 補聴器の基礎知識

RICとは、Receiver in the canalの頭文字をとったもので、日本では「外耳道レシーバー」や「カナルレシーバー」などと読んでいる場合もあります。
今までの耳掛け型補聴器のスピーカーは補聴器本体に組み込まれていましたが、このRICではスピーカーが耳の中にじかに置かれ、音は補聴器本体ではなく耳の中で出ます。
このようにスピーカーが補聴器本体から分離され、耳に直接置くために、本体を小さくすることができるのです。そのため、補聴器を装着していてもあまり目立ちません。
また、従来の補聴器と比べてチューブでの共鳴がなくなり、滑らかな音になります。またスピーカーが鼓膜に近いところに置かれる分高い音が出やすく音質も良くなります。
RIC型補聴器にはオープンタイプと密閉型補聴器とがあります。オープンタイプは軽度~中度の難聴、耳栓を変えてある程度密閉して使用することで中程度~高度の難聴にも対応可能です。

補聴器に迷ったら!

関連記事

no image

寒さと補聴器用電池との関係

元ネタ:ナショナル補聴器センターからのお手紙 冬は電池にはつらい季節 冬、お客様から多くなるご相談が

記事を読む

no image

補聴器外来を設けている病院(近畿)

補聴器を購入される時には、直接ショップに行く前に一度耳鼻咽喉科に行かれる事をおすすめします。 そのな

記事を読む

no image

ハウリング抑制

ハウリングとは、以前にも書いたようにキーンとかワーンとかピーピーといった不快な音が生じることをいいま

記事を読む

no image

補聴器の耐用年数

一般に補聴器の耐用年数は5年とされていて、補聴器への補助金等でもこの5年がひとつの目安とされています

記事を読む

no image

難聴が治癒する可能性

「聴こえ」が悪くなった時、まず最初に補聴器販売店に行こうと考えられるかもしれません。 しかし、「聴

記事を読む

補聴器に迷ったら!

補聴器に迷ったら!

難聴の人向けスピーカー「COMUOON(コミューン)」

軽度~中程度の難聴の方で、補聴器がわずらわしいと感じている方には朗報か

no image
突発性難聴と野菜の摂取の関連性

ご存知のように、突発性難聴は原因もはっきりしなければ、根本的な治療法も

no image
突発性難聴改善に朗報!難聴になった耳を酷使することで聞こえが改善の研究

これは突発性難聴で苦しんでいる人にとって朗報になるかもしれません。

20131226-13122651-nhktextv-000-1-view
全聾の作曲家、佐村河内守さんをご存知ですか?

もうすぐソチオリンピックが始まりますね。 やはり期待なのはフィギュア

iPhoneに直接接続できる補聴器が実現するかも

以前の記事で「iPhone型の補聴器があればいいのに!」と書きましたが

→もっと見る

  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文

PAGE TOP ↑