*

聴力検査

公開日: : 最終更新日:2014/01/17 補聴器の基礎知識

聴力検査には、次のような種類があります。
●気導聴力(純音聴力)検査
さまざまな音の高さ(周波数)に対する聴力をヘルツ(Hz)で、音の大きさや強さに対する聴力をデシベル(dB)で、それぞれ測定します。
周波数別の「ピッピッ」「プップッ」「ボッボッ」などの音を聴いて、聴こえたら応答ボタンを押したり、手を上げたりし、それによって「どのくらい小さい音が聴こえるか」がわかります。
●骨導聴力検査
音を内耳に直接送信します。そのことによって難聴が伝音性であるか感音性であるか、混合型であるかをみます。
●語音弁別検査
音声の弁別力を検査するためにさまざまな種類の音声を聞かせます。それに対しての弁別力をみます。ヘッドホンを耳にあて、一定の音の大きさで、「あ」「い」などのことばを聴きながら、聴こえたとおりに回答用紙に書いていきます。
音の大きさごとの正解率【%】で結果を示します。弁別力がなければそれだけ聞こえの程度がよくないことを意味します。
これらの聴力検査の結果は「オージオグラム」に記入されます。

補聴器に迷ったら!

関連記事

no image

補聴器外来を設けている病院(中部・北陸)

補聴器を購入される時には、直接ショップに行く前に一度耳鼻咽喉科に行かれる事をおすすめします。 そのな

記事を読む

no image

補聴器に慣れること

補聴器をつけるようになると、会話が聞こえるだけでなくこれまで聞こえなかったいろいろな音もいっしょに聞

記事を読む

no image

補聴器の耐用年数

一般に補聴器の耐用年数は5年とされていて、補聴器への補助金等でもこの5年がひとつの目安とされています

記事を読む

no image

メタボリック・シンドロームと難聴

年齢を重ねると難聴になりやすいと考えられがちですが、実は年齢よりも大きな要因があることが最近の研究で

記事を読む

no image

補聴器リンク集:海外補聴器メーカー

補聴器・難聴に関するサイトのリンク集です。 ここでは海外の補聴器メーカーのサイトをまとめてあります。

記事を読む

補聴器に迷ったら!

補聴器に迷ったら!

難聴の人向けスピーカー「COMUOON(コミューン)」

軽度~中程度の難聴の方で、補聴器がわずらわしいと感じている方には朗報か

no image
突発性難聴と野菜の摂取の関連性

ご存知のように、突発性難聴は原因もはっきりしなければ、根本的な治療法も

no image
突発性難聴改善に朗報!難聴になった耳を酷使することで聞こえが改善の研究

これは突発性難聴で苦しんでいる人にとって朗報になるかもしれません。

20131226-13122651-nhktextv-000-1-view
全聾の作曲家、佐村河内守さんをご存知ですか?

もうすぐソチオリンピックが始まりますね。 やはり期待なのはフィギュア

iPhoneに直接接続できる補聴器が実現するかも

以前の記事で「iPhone型の補聴器があればいいのに!」と書きましたが

→もっと見る

  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文

PAGE TOP ↑