*

TRT(耳鳴り再訓練療法)

公開日: : 最終更新日:2014/01/17 補聴器の基礎知識

TRT(耳鳴り再訓練療法)とは、現在世界中で行われている耳鳴りの治療法の一つです。正式にはTinnitus Retraining Therapyといいます。
私たちの周囲には様々な音が存在します。しかし、私たちはその音のすべてを普段意識しているわけではありません。例えば外を走る車の音や部屋の中のエアコンの音などは、確かに音はしているのですが私たちはそれを意識していません。
TRTは、耳鳴りのシーンとした音も、そうした車やエアコンの音のように意識しない音にしてしまおうという治療法です。
TRTは次の2つの療法からなりたっています。
まず1つめは、耳鳴りへの不安感を軽減することです。
耳鳴りがするとそのことにばかり意識がいってしまい、不安になります。そのことによって更に耳鳴りに神経が集中してしまうのです。こうなると悪循環です。TRTではまず耳鳴りに関する知識や情報を得ることでこうした耳鳴りへの不安をなくし、悪循環を断ち切ろうというものなのです。
2つめは、耳に適切な音を取り入れることで耳鳴りの音を相対的に低減させるというものです。
これには「サウンドジェネレーター」という器具を使用します。この器具は雑音を発するもので、そのことで耳鳴りのコントラストをなくし、脳が耳鳴りを無視できるようになります。
このTRT治療を行うと、まず最初の段階で耳鳴りに対して不安に思ったりイライラしたりすることがなくなり、次の段階で耳鳴りがしていることを普段意識しなくなります。TRTの有効率は8割程度と言われています。

補聴器に迷ったら!

関連記事

no image

補聴器の耐用年数

一般に補聴器の耐用年数は5年とされていて、補聴器への補助金等でもこの5年がひとつの目安とされています

記事を読む

no image

補聴器への補助金

リンク元:【補聴器への補助金】耳鳴りと難聴の悩み.com 補聴器への補助金 身体障害者福祉法に該

記事を読む

no image

難聴が治癒する可能性

「聴こえ」が悪くなった時、まず最初に補聴器販売店に行こうと考えられるかもしれません。 しかし、「聴

記事を読む

no image

補聴器外来を設けている病院(北海道・東北)

補聴器を購入される時には、直接ショップに行く前に一度耳鼻咽喉科に行かれる事をおすすめします。 そのな

記事を読む

no image

難聴の危険因子

日々の生活の過ごし方によって難聴になりやすい危険が存在します。 最も注意しなければいけないのは言う

記事を読む

補聴器に迷ったら!

補聴器に迷ったら!

難聴の人向けスピーカー「COMUOON(コミューン)」

軽度~中程度の難聴の方で、補聴器がわずらわしいと感じている方には朗報か

no image
突発性難聴と野菜の摂取の関連性

ご存知のように、突発性難聴は原因もはっきりしなければ、根本的な治療法も

no image
突発性難聴改善に朗報!難聴になった耳を酷使することで聞こえが改善の研究

これは突発性難聴で苦しんでいる人にとって朗報になるかもしれません。

20131226-13122651-nhktextv-000-1-view
全聾の作曲家、佐村河内守さんをご存知ですか?

もうすぐソチオリンピックが始まりますね。 やはり期待なのはフィギュア

iPhoneに直接接続できる補聴器が実現するかも

以前の記事で「iPhone型の補聴器があればいいのに!」と書きましたが

→もっと見る

  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文

PAGE TOP ↑