*

補聴器の聞こえ方を左右するまわりの人の心がけ

公開日: : 最終更新日:2014/01/17 補聴器の基礎知識

補聴器をつけた場合でも、周囲の人の協力が聞こえ方を大きく左右します。
補聴器を利用している人と話す時、周りの人が以下の点に注意すれば、よりスムーズなコミュニケーションが可能です。
・×早口→○ゆっくり
老人性難聴の場合、言葉を聞き取る語音聴力が低下していることが少なくありません。早口では内容を理解しにくくなってしまいます。ゆっくりした口調で話しかけてください。
・×ボソボソ声→○はっきり
1つ1つの言葉の区切りがあいまいで、ボソボソとした声は聞き取りにくくなります。口を大きく開けてはっきり話しましょう。
・×雑音が多い→○余分な音はたてない
補聴器は周囲の音をすべて拾ってしまうので、雑音が多い場所では聞きたい音だけをうまく聞き取れなくなってしまいます。話す時はテレビやラジオなどを消し、静かな環境をつくりましょう。
・×顔をあわせない→○顔をあわせる
聞き取れない言葉があっても、表情や口元の動きなどから話の内容を理解できることはよくあります。お互いに顔を合わせて会話するようにしましょう。
・×大声→○ふつうの声
これは誤解しがちなのですが、「耳が遠いから」と声を張り上げる必要はありません。大きな声で話しかけると、補聴器から出力される音がひずんだりして、不快感を強めてしまいます。

補聴器に迷ったら!

関連記事

no image

難聴と身体障害者福祉法による聴覚障害者

補聴器への補助金を得るには、まず聴覚障害者としての認定を受け、身体障害者手帳を持っている必要がありま

記事を読む

no image

補聴器に慣れること

補聴器をつけるようになると、会話が聞こえるだけでなくこれまで聞こえなかったいろいろな音もいっしょに聞

記事を読む

no image

補聴器外来を設けている病院(北海道・東北)

補聴器を購入される時には、直接ショップに行く前に一度耳鼻咽喉科に行かれる事をおすすめします。 そのな

記事を読む

no image

イヤーモールドとはなにか

イヤーモールドとは、耳から型をとったオーダーメイドの耳栓のことです。 従来タイプの耳掛け型補聴器を

記事を読む

no image

いろいろな音域と難聴のタイプ

難聴には「特定の音域」に対する聴力がよくない、ということがあります。 加齢による難聴は特に高音域が

記事を読む

補聴器に迷ったら!

補聴器に迷ったら!

難聴の人向けスピーカー「COMUOON(コミューン)」

軽度~中程度の難聴の方で、補聴器がわずらわしいと感じている方には朗報か

no image
突発性難聴と野菜の摂取の関連性

ご存知のように、突発性難聴は原因もはっきりしなければ、根本的な治療法も

no image
突発性難聴改善に朗報!難聴になった耳を酷使することで聞こえが改善の研究

これは突発性難聴で苦しんでいる人にとって朗報になるかもしれません。

20131226-13122651-nhktextv-000-1-view
全聾の作曲家、佐村河内守さんをご存知ですか?

もうすぐソチオリンピックが始まりますね。 やはり期待なのはフィギュア

iPhoneに直接接続できる補聴器が実現するかも

以前の記事で「iPhone型の補聴器があればいいのに!」と書きましたが

→もっと見る

  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文

PAGE TOP ↑