*

ワールドカップサッカー・デンマーク代表オルセン監督と難聴

公開日: : 最終更新日:2014/01/17 補聴器のニュース

デンマークの補聴器メーカー・ワイデックスがワールドカップ日本対デンマーク戦のスペシャルサイトを開いています。

http://www.wc-2010-widex.jp/

そのサイトの中で、デンマーク代表のオルセン監督と難聴についてのインタビューがとても興味深いものでした。

http://www.wc-2010-widex.jp/popup.html

かなりの長文で読み応えがありますが、一部を抜粋。

私がはじめて難聴を自覚したのは、25~30年前、20代後半の頃でした。母が聴覚に障害があったので、難聴というものについて全く知らない訳ではありませんでした。自分が遺伝性の難聴であることがわかった時も、「難聴は障害である」ということは理解していました。

私にとって、難聴が大きな問題となってきたのは、15年ほど前にプロサッカーの監督になった時でした。当初はさほどでもなかったのですが、だんだんと様々な問題が出てきました。例えば、記者会見やメディアとのインタビューの際に、後方に着席している人の発言が聞き取れなくて復唱をお願いしたりとか、マイクを使って質問をしてもらうように頼まなくてはならなくなったりといったことが起きるようになりました。

私の母は難聴だったので、補聴器をつけずに生活する事は困難でした。私はそのことを見てきたのですが、いざ自分のこととなると“自分はまだそんなに年をとっていない”と言い聞かせて補聴器をつけることを先送りしていました。しかし、難聴は年齢とは関係なく、全ての人々に起こりうることなのです。

私が補聴器を使いはじめてから、多くの人々は、突然、私が良く聞こえるようになったので、驚いていました。彼らは、私に、“どうしたのか?”と聞いてきたので、補聴器をつけていると説明すると、彼らはみな驚いていました。彼らは私が補聴器をつけていることにまったく気が付きませんでした。何より最高なのは、再び良く聞こえるようになったことです。もちろん、小さくて目立たないので、私が補聴器をつけていることをまわりの人たちが気付かないということも大きなポイントでした。補聴器をつけること、それは、私にとってはまさに新しい耳を手に入れることでした。

難聴はスポーツをする上では大きな障壁となる場合が多いですが、こうした一流のスポーツマンが自ら補聴器を使用していることを公にするというのはとても勇気づけられますね。

補聴器に迷ったら!

関連記事

no image

こどもが考えた「未来の補聴器」

少し前の事になるのですが、2013年の6月に「ジャパン補聴器フォーラム2013」が開催されました。

記事を読む

no image

イルカに励まされて補聴器を装着した少女の話

元ネタ:聴覚障害の少女がイルカから教えてもらったことは…… (AP) | エキサイトニュース 「補

記事を読む

no image

そこが知りたい家電の新技術:パナソニック、新コンセプトの「補聴器」が売れている理由by 大河原 克行

リンク元:家電-コラム-そこが知りたい家電の新技術-パナソニック、新コンセプトの「補聴器」が売れてい

記事を読む

no image

国内初の埋込型補聴器を承認

薬事日報社のウェブサイトより http://www.yakuji.co.jp/entry22233.

記事を読む

no image

パナソニック(panasonic)が周囲の騒音を抑える補聴器を発売へ

元ネタ:速報/パナソニックが周囲の騒音を抑える補聴器を発売へ - FujiSankei Busine

記事を読む

補聴器に迷ったら!

補聴器に迷ったら!

難聴の人向けスピーカー「COMUOON(コミューン)」

軽度~中程度の難聴の方で、補聴器がわずらわしいと感じている方には朗報か

no image
突発性難聴と野菜の摂取の関連性

ご存知のように、突発性難聴は原因もはっきりしなければ、根本的な治療法も

no image
突発性難聴改善に朗報!難聴になった耳を酷使することで聞こえが改善の研究

これは突発性難聴で苦しんでいる人にとって朗報になるかもしれません。

20131226-13122651-nhktextv-000-1-view
全聾の作曲家、佐村河内守さんをご存知ですか?

もうすぐソチオリンピックが始まりますね。 やはり期待なのはフィギュア

iPhoneに直接接続できる補聴器が実現するかも

以前の記事で「iPhone型の補聴器があればいいのに!」と書きましたが

→もっと見る

  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文

PAGE TOP ↑