*

バーナフォン株式会社

公開日: : 最終更新日:2014/01/16 補聴器の選び方

世界60カ国以上で愛用される補聴器ブランド、バーナフォンの前身がスイスの首都ベルンに誕生したのは1925年。以来、80年以上にわたって高い技術と旺盛な開発意欲をもって補聴器の技術革新に取り組んでいる。現在では一般的になった調整機能で、同社が世界で初めて採用したものは多い。最近では音の「時間」という概念に初めて着目し、明瞭な聞こえを追求した”チャネルフリー”に多くの注目が集まっている。「補聴器の本質的な部分の先進性を追求する」が企業ポリシーであり持ち味だ。
ホームページ:http://www.bernafon.jp/

補聴器に迷ったら!

関連記事

no image

リオネット補聴器(リオン株式会社)

1944年(昭和19年)、音響学と物理学の研究所である財団法人小林理学研究所の研究成果の製品化を目的

記事を読む

革命的きこえ機器「みみ太郎」と人工耳介

「みみ太郎」は、難聴に対して普通の補聴器とは違ったアプローチを試みている機器です。 具体的には、「

記事を読む

no image

ハウリング

ハウリングとは、拡声された音声が補聴器の周囲からもれ、それをマイクが拾った時に生じるもので、「キーン

記事を読む

no image

フォナック・ジャパン株式会社

スイスに本拠地を置く。創立は1947年。1987年にチューリッヒ郊外のシュテーファに移転。ヨーロッパ

記事を読む

no image

人工内耳

難聴の大半、なかでも感音性難聴は、内耳の働きが悪くなることで起こるものですが、人工内耳はその働きの悪

記事を読む

補聴器に迷ったら!

補聴器に迷ったら!

難聴の人向けスピーカー「COMUOON(コミューン)」

軽度~中程度の難聴の方で、補聴器がわずらわしいと感じている方には朗報か

no image
突発性難聴と野菜の摂取の関連性

ご存知のように、突発性難聴は原因もはっきりしなければ、根本的な治療法も

no image
突発性難聴改善に朗報!難聴になった耳を酷使することで聞こえが改善の研究

これは突発性難聴で苦しんでいる人にとって朗報になるかもしれません。

20131226-13122651-nhktextv-000-1-view
全聾の作曲家、佐村河内守さんをご存知ですか?

もうすぐソチオリンピックが始まりますね。 やはり期待なのはフィギュア

iPhoneに直接接続できる補聴器が実現するかも

以前の記事で「iPhone型の補聴器があればいいのに!」と書きましたが

→もっと見る

  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文

PAGE TOP ↑