*

人工内耳

公開日: : 最終更新日:2014/01/17 補聴器の選び方

難聴の大半、なかでも感音性難聴は、内耳の働きが悪くなることで起こるものですが、人工内耳はその働きの悪くなった内耳に電極を埋め込み、微弱電流をとおすことで耳の神経を直接刺激して、音が聞こえるようにするものです。
ちょうど、心臓の悪い人がペースメーカーを埋め込んでいるのを耳に置き換えたものと考えるとよいでしょう。
現在日本では約6000人、全世界では17万人ほどの方が人工内耳の埋め込みを受けています。
人工内耳も技術の発展によりとても聴こえが良くなって来ましたが、それでも手術をして埋め込んだ当初は人の話し声がアヒルの鳴き声のように聴こえたり、本来の音とは異なった聴こえになったりしてしまいますが、リハビリをして慣れてくると自然の音に聴こえるようになります。
聴こえの程度は個人差がありますが、適応となる90デシベル以上の難聴の場合は、補聴器に頼るより人工内耳を埋め込んだほうが聴こえがずっとよくなると言われています。
人工内耳は原則として手術、人工内耳の機器、リハビリ、また機器の故障についても医療保険がききます。ですから、費用的には意外とかかりません。ただし手術には適用基準が設けられていますから、詳しくは医療機関で相談してみてください。

補聴器に迷ったら!

関連記事

no image

耳かけ型・眼鏡型補聴器の特徴

耳かけ型・眼鏡型補聴器は、従来からあった箱型・ポケット型の補聴器を小型化して、本体と耳にあてる部分を

記事を読む

no image

ジーエヌリサウンドのナノテック・コーティング

補聴器を付けていると、どうしても汗や湿気から水分が発生し、それが腐食の原因になってしまいがちです。

記事を読む

no image

ハウリング

ハウリングとは、拡声された音声が補聴器の周囲からもれ、それをマイクが拾った時に生じるもので、「キーン

記事を読む

no image

GN ReSound(ジーエヌリサウンドジャパン株式会社)

デンマークに本社をおき、販売網は80カ国以上をカバーするジーエヌリサウンドの原点は、ヨーロッパとアジ

記事を読む

no image

箱型・ポケット型補聴器の特徴

箱型・ポケット型補聴器は以前からある補聴器の形状で、本体の部分が箱型になっていて、それをポケットや袋

記事を読む

補聴器に迷ったら!

補聴器に迷ったら!

難聴の人向けスピーカー「COMUOON(コミューン)」

軽度~中程度の難聴の方で、補聴器がわずらわしいと感じている方には朗報か

no image
突発性難聴と野菜の摂取の関連性

ご存知のように、突発性難聴は原因もはっきりしなければ、根本的な治療法も

no image
突発性難聴改善に朗報!難聴になった耳を酷使することで聞こえが改善の研究

これは突発性難聴で苦しんでいる人にとって朗報になるかもしれません。

20131226-13122651-nhktextv-000-1-view
全聾の作曲家、佐村河内守さんをご存知ですか?

もうすぐソチオリンピックが始まりますね。 やはり期待なのはフィギュア

iPhoneに直接接続できる補聴器が実現するかも

以前の記事で「iPhone型の補聴器があればいいのに!」と書きましたが

→もっと見る

  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文

PAGE TOP ↑