*

補聴器の選び方は本当に難しい

公開日: : 最終更新日:2014/01/16 補聴器の選び方

耳鼻科医や補聴器フィッターに協力してもらったとしても、補聴器の選び方が難しいことには変わりありません。
補聴器の選び方が難しい理由は、以下の通りです。
1.現在販売されている補聴器の数が多すぎ(機種は600以上)、また取扱機種がまちまちで、補聴器販売店は特定のメーカーのみの販売しかおこなっていないのが現状です。つまり、自分の店で扱っている補聴器以外のことはよくわからないということが起こってきます。
2.補聴器フィッティングは、微妙な作業を要求されます。したがって、補聴器フィッターの知識や経験、技能によって聴こえが大きく異なってきます。そのようなベテランの補聴器フィッターを見つけるのは至難の業です。
3.補聴器による聴き取りには慣れがあります。メガネやコンタクトレンズなどと異なり、補聴器はつけ始めてから慣れるまである程度の時間がかかります。補聴器をつけはじめた当初は生活音などが大きな音に感じられて煩わしい、不快に感じられたりしますが、次第に慣れてきてそんなに気にならなくなってくる場合が多いのです。こうした聴こえの変化にも柔軟に対応していかなければなりません。

補聴器に迷ったら!

関連記事

革命的きこえ機器「みみ太郎」と人工耳介

「みみ太郎」は、難聴に対して普通の補聴器とは違ったアプローチを試みている機器です。 具体的には、「

記事を読む

cic

耳穴型補聴器の3つの種類

耳穴型・挿耳(インナーイヤー)型補聴器は、その機能から3種類に分かれています。 それは、 ・CIC型

記事を読む

no image

クロス(CROS)補聴器

クロス(CROS)補聴器とは、片耳だけが難聴の場合、聞こえない方の音を、聞こえる方の耳で聞くようにし

記事を読む

no image

ハウリング

ハウリングとは、拡声された音声が補聴器の周囲からもれ、それをマイクが拾った時に生じるもので、「キーン

記事を読む

no image

耳穴型・挿耳(インナーイヤー)型補聴器の特徴

耳穴型・挿耳(インナーイヤー)型補聴器は、近年の技術の進歩により急速に普及している補聴器の型です。

記事を読む

補聴器に迷ったら!

補聴器に迷ったら!

難聴の人向けスピーカー「COMUOON(コミューン)」

軽度~中程度の難聴の方で、補聴器がわずらわしいと感じている方には朗報か

no image
突発性難聴と野菜の摂取の関連性

ご存知のように、突発性難聴は原因もはっきりしなければ、根本的な治療法も

no image
突発性難聴改善に朗報!難聴になった耳を酷使することで聞こえが改善の研究

これは突発性難聴で苦しんでいる人にとって朗報になるかもしれません。

20131226-13122651-nhktextv-000-1-view
全聾の作曲家、佐村河内守さんをご存知ですか?

もうすぐソチオリンピックが始まりますね。 やはり期待なのはフィギュア

iPhoneに直接接続できる補聴器が実現するかも

以前の記事で「iPhone型の補聴器があればいいのに!」と書きましたが

→もっと見る

  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文

PAGE TOP ↑