*

箱型・ポケット型補聴器の特徴

公開日: : 最終更新日:2014/01/16 補聴器の選び方

箱型・ポケット型補聴器は以前からある補聴器の形状で、本体の部分が箱型になっていて、それをポケットや袋などに入れて使用する補聴器です。
この箱型・ポケット型補聴器のメリットは
・機械が大きいので操作しやすい
・いつの間にか無くなっているということが少ない
・ハウリングが生じにくい
・音量を大きく出来るので、中程度~重度の難聴者でも聞き取りやすい
・比較的安く購入できる
などがあげられます。
その反面、デメリットとして
・補聴器本体が大きいので、補聴器を使っていることがはっきりと知られてしまう
・本体と耳に当てる部分がコードでつながっているため、コードが絡まってわずらわしい
・また、コードが断線しやすく、故障する確率が高い
・補聴器を納める場所により衣擦れ音が耳障りとなることも。
などが弱点としてあげられます。
ですから、箱型・ポケット型補聴器を購入される際には、「安い反面故障しやすく、また目立ってしまう」ことを考慮されるとよいでしょう。

補聴器に迷ったら!

関連記事

no image

RICタイプの補聴器(外耳道レシーバータイプ)

今までの耳掛け型補聴器のスピーカーは補聴器本体に組み込まれていて、音はチューブを通って耳栓から出てい

記事を読む

fig_02

究極の補聴器「IIC」

小型化が進む耳穴型の補聴器に、ついに究極の補聴器が出てきました。 名前を「IIC」といいます。

記事を読む

no image

オムロンの新製品「イヤメイトデジタル AK-22」

マイナビニュースより。 わずか19g、ノイズリダクション機能付軽量補聴器 - オムロンヘルスケア

記事を読む

no image

補聴器の選び方のポイント

補聴器の種類はさまざまで、どれを選ぶか判断に迷うところです。 ここでは、補聴器の種類や長所・短所な

記事を読む

no image

コルチトーン補聴器株式会社

昭和21年、医理科学用器械器具および耳鼻医科器械の製作販売会社として創立。昭和30年にはアメリカから

記事を読む

補聴器に迷ったら!

補聴器に迷ったら!

難聴の人向けスピーカー「COMUOON(コミューン)」

軽度~中程度の難聴の方で、補聴器がわずらわしいと感じている方には朗報か

no image
突発性難聴と野菜の摂取の関連性

ご存知のように、突発性難聴は原因もはっきりしなければ、根本的な治療法も

no image
突発性難聴改善に朗報!難聴になった耳を酷使することで聞こえが改善の研究

これは突発性難聴で苦しんでいる人にとって朗報になるかもしれません。

20131226-13122651-nhktextv-000-1-view
全聾の作曲家、佐村河内守さんをご存知ですか?

もうすぐソチオリンピックが始まりますね。 やはり期待なのはフィギュア

iPhoneに直接接続できる補聴器が実現するかも

以前の記事で「iPhone型の補聴器があればいいのに!」と書きましたが

→もっと見る

  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文

PAGE TOP ↑