*

耳かけ型・眼鏡型補聴器の特徴

公開日: : 最終更新日:2014/01/16 補聴器の選び方

耳かけ型・眼鏡型補聴器は、従来からあった箱型・ポケット型の補聴器を小型化して、本体と耳にあてる部分を一体化させた補聴器です。
着用方法は、耳の上、耳介上部にかけて使用します。
この耳かけ型・眼鏡型補聴器のメリットとしては、
・箱型と違い、本体が耳に固定されているので、多少の運動ではずれたり外れたりはしにくい
・慣れれば着脱が簡単にできる
・耳穴型に比べると大きいので、操作に手間取らない
・耳穴型に比べ価格は抑え目
・長い電池寿命
・最近のものは音量も大きく出来るので、中程度~重度の難聴者でも聞き取りやすい
・耳や眼鏡と一体化しているため、補聴器を使用していることに気付きにくい
といった特徴があります。
これに対して耳かけ型・眼鏡型補聴器の問題点としては
・耳への着脱に、慣れるまではコツが必要
・チューブの長さが適切でないと、はずれやすい
・冬にはチューブ内に結露が生じ、聞こえにくくなる
・一方、夏は身体への密着部分が多いため汗で腐食しやすい
・箱型のものと比べて紛失しやすい
という欠点もあります。
耳かけ型・眼鏡型補聴器を選択するには、「周囲に目立たない一方で機械の調子が悪くなったり故障しやすくなっている」ということに留意の上検討されると良いかと思います。

補聴器に迷ったら!

関連記事

no image

リオネット補聴器(リオン株式会社)

1944年(昭和19年)、音響学と物理学の研究所である財団法人小林理学研究所の研究成果の製品化を目的

記事を読む

no image

RICタイプの補聴器(外耳道レシーバータイプ)

今までの耳掛け型補聴器のスピーカーは補聴器本体に組み込まれていて、音はチューブを通って耳栓から出てい

記事を読む

no image

シーメンス補聴器の防水型補聴器「Aquaris」

シーメンス補聴器から、防水型の補聴器「Aquaris(アクアリス)」が発売になりました。 http:

記事を読む

究極の極小補聴器「オトレンズ」

スターキージャパンより、超小型補聴器「オトレンズ」が発売になりました。 http://www.st

記事を読む

no image

人工内耳

難聴の大半、なかでも感音性難聴は、内耳の働きが悪くなることで起こるものですが、人工内耳はその働きの悪

記事を読む

補聴器に迷ったら!

補聴器に迷ったら!

難聴の人向けスピーカー「COMUOON(コミューン)」

軽度~中程度の難聴の方で、補聴器がわずらわしいと感じている方には朗報か

no image
突発性難聴と野菜の摂取の関連性

ご存知のように、突発性難聴は原因もはっきりしなければ、根本的な治療法も

no image
突発性難聴改善に朗報!難聴になった耳を酷使することで聞こえが改善の研究

これは突発性難聴で苦しんでいる人にとって朗報になるかもしれません。

20131226-13122651-nhktextv-000-1-view
全聾の作曲家、佐村河内守さんをご存知ですか?

もうすぐソチオリンピックが始まりますね。 やはり期待なのはフィギュア

iPhoneに直接接続できる補聴器が実現するかも

以前の記事で「iPhone型の補聴器があればいいのに!」と書きましたが

→もっと見る

  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文

PAGE TOP ↑