*

耳穴型・挿耳(インナーイヤー)型補聴器の特徴

公開日: : 最終更新日:2014/01/16 補聴器の選び方

耳穴型・挿耳(インナーイヤー)型補聴器は、近年の技術の進歩により急速に普及している補聴器の型です。
本体全てがコンパクトで、直接耳の穴に挿入して使用します。
この耳穴型・挿耳(インナーイヤー)型補聴器の特質はなんといってもその小ささです。
つけていることを周囲の人にほとんど感じさせないため、若々しいライフスタイルを維持することが可能です。
また、耳の穴に本体が挿入されているので、多少の運動ではずれたり、外れたりすることはありません。そして耳の中心で音を集めるため、他の補聴器に比べ自然な聞こえを得ることができます。また耳が持つ集音効果を十分に発揮することが可能です。
ただし、欠点としては
・価格が高い
・操作がやや難しい
・最大音量に限界があるため、重度の難聴者向きではない
・小さいため紛失しやすく、その場合発見できないことが多い
・本体が小さくデリケートなため、不具合や故障の確率が高い
という部分があることは事実です。
そのため、この耳穴型・挿耳(インナーイヤー)型補聴器を購入する際は、特に慎重に選ぶことが必要です。価格も安くはないので、自分にあっていない補聴器を購入してしまうと経済的な損失が大きいです。
まずは、「認定補聴器専門店」に行って相談することが大事です。
インナーイヤー型の補聴器はさらに大きく3種類に分かれています。
それは、
・CIC型(CIC)
・カナル型(ITC)
・カスタム型(ITE)
の3種です。
これらの違いについては→こちらで詳しく述べています。

補聴器に迷ったら!

関連記事

no image

耳かけ型・眼鏡型補聴器の特徴

耳かけ型・眼鏡型補聴器は、従来からあった箱型・ポケット型の補聴器を小型化して、本体と耳にあてる部分を

記事を読む

fig_02

究極の補聴器「IIC」

小型化が進む耳穴型の補聴器に、ついに究極の補聴器が出てきました。 名前を「IIC」といいます。

記事を読む

革命的きこえ機器「みみ太郎」と人工耳介

「みみ太郎」は、難聴に対して普通の補聴器とは違ったアプローチを試みている機器です。 具体的には、「

記事を読む

no image

フォナック・ジャパン株式会社

スイスに本拠地を置く。創立は1947年。1987年にチューリッヒ郊外のシュテーファに移転。ヨーロッパ

記事を読む

96_4z2

オープンフィッティングの補聴器

「オープンフィッティング」とは、簡単に言うと耳栓に隙間があるタイプの耳掛け型補聴器のことです。 こ

記事を読む

補聴器に迷ったら!

補聴器に迷ったら!

難聴の人向けスピーカー「COMUOON(コミューン)」

軽度~中程度の難聴の方で、補聴器がわずらわしいと感じている方には朗報か

no image
突発性難聴と野菜の摂取の関連性

ご存知のように、突発性難聴は原因もはっきりしなければ、根本的な治療法も

no image
突発性難聴改善に朗報!難聴になった耳を酷使することで聞こえが改善の研究

これは突発性難聴で苦しんでいる人にとって朗報になるかもしれません。

20131226-13122651-nhktextv-000-1-view
全聾の作曲家、佐村河内守さんをご存知ですか?

もうすぐソチオリンピックが始まりますね。 やはり期待なのはフィギュア

iPhoneに直接接続できる補聴器が実現するかも

以前の記事で「iPhone型の補聴器があればいいのに!」と書きましたが

→もっと見る

  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文

PAGE TOP ↑