*

究極の補聴器「IIC」

公開日: : 最終更新日:2014/01/16 補聴器の選び方

小型化が進む耳穴型の補聴器に、ついに究極の補聴器が出てきました。
名前を「IIC」といいます。
これは「Invisible In The Canal」の略で、日本語に訳せば「目に見えない耳穴型補聴器」とでも呼べるでしょうか。
スターキージャパンから発売されている「オトレンズ」という製品がこのIICタイプのものです。

http://www.starkey-japan.co.jp/products/otolens/

このオトレンズの特徴として、

・耳あなの奥深くに入るため、外からは見えません。
・鼓膜のすぐ近くで補聴器を装用するため、より自然な音を聞くことができます。
・耳の奥深くに装用するため、耳介効果(耳本来の音を集める効果)、外耳道共鳴効果(外耳道による音の増幅効果)を利用できます。
・オーダーメイド補聴器の特徴と、耳本来が持っている効果を最大限に活かしたタイプです。

となっており、単に小さくて目立たないというよりも、より鼓膜に近く、また耳介の集音力を生かせるので、高度難聴の方にも向いている、といったメリットがあります。
ただし、耳の奥の方で装着するため、耳穴が小さい人には使用出来ません。具体的には縦横各7mmが必要とされています。そのため、小柄な女性や子供はつけることができないというデメリットもあります。

補聴器に迷ったら!

関連記事

no image

補聴器の選び方のポイント

補聴器の種類はさまざまで、どれを選ぶか判断に迷うところです。 ここでは、補聴器の種類や長所・短所な

記事を読む

no image

クロス(CROS)補聴器

クロス(CROS)補聴器とは、片耳だけが難聴の場合、聞こえない方の音を、聞こえる方の耳で聞くようにし

記事を読む

no image

ハウリング

ハウリングとは、拡声された音声が補聴器の周囲からもれ、それをマイクが拾った時に生じるもので、「キーン

記事を読む

no image

耳かけ型・眼鏡型補聴器の特徴

耳かけ型・眼鏡型補聴器は、従来からあった箱型・ポケット型の補聴器を小型化して、本体と耳にあてる部分を

記事を読む

no image

フォナック・ジャパン株式会社

スイスに本拠地を置く。創立は1947年。1987年にチューリッヒ郊外のシュテーファに移転。ヨーロッパ

記事を読む

補聴器に迷ったら!

補聴器に迷ったら!

難聴の人向けスピーカー「COMUOON(コミューン)」

軽度~中程度の難聴の方で、補聴器がわずらわしいと感じている方には朗報か

no image
突発性難聴と野菜の摂取の関連性

ご存知のように、突発性難聴は原因もはっきりしなければ、根本的な治療法も

no image
突発性難聴改善に朗報!難聴になった耳を酷使することで聞こえが改善の研究

これは突発性難聴で苦しんでいる人にとって朗報になるかもしれません。

20131226-13122651-nhktextv-000-1-view
全聾の作曲家、佐村河内守さんをご存知ですか?

もうすぐソチオリンピックが始まりますね。 やはり期待なのはフィギュア

iPhoneに直接接続できる補聴器が実現するかも

以前の記事で「iPhone型の補聴器があればいいのに!」と書きましたが

→もっと見る

  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文

PAGE TOP ↑