*

究極の補聴器「IIC」

公開日: : 最終更新日:2014/01/16 補聴器の選び方

小型化が進む耳穴型の補聴器に、ついに究極の補聴器が出てきました。
名前を「IIC」といいます。
これは「Invisible In The Canal」の略で、日本語に訳せば「目に見えない耳穴型補聴器」とでも呼べるでしょうか。
スターキージャパンから発売されている「オトレンズ」という製品がこのIICタイプのものです。

http://www.starkey-japan.co.jp/products/otolens/

このオトレンズの特徴として、

・耳あなの奥深くに入るため、外からは見えません。
・鼓膜のすぐ近くで補聴器を装用するため、より自然な音を聞くことができます。
・耳の奥深くに装用するため、耳介効果(耳本来の音を集める効果)、外耳道共鳴効果(外耳道による音の増幅効果)を利用できます。
・オーダーメイド補聴器の特徴と、耳本来が持っている効果を最大限に活かしたタイプです。

となっており、単に小さくて目立たないというよりも、より鼓膜に近く、また耳介の集音力を生かせるので、高度難聴の方にも向いている、といったメリットがあります。
ただし、耳の奥の方で装着するため、耳穴が小さい人には使用出来ません。具体的には縦横各7mmが必要とされています。そのため、小柄な女性や子供はつけることができないというデメリットもあります。

補聴器に迷ったら!

関連記事

95E292AE8AED82CC8EED97DE8AAE90AC2

補聴器のタイプ別長所・短所

補聴器には主にポケット型、耳かけ型、耳穴型の3種類があります。 それぞれメリット・デメリットがあり

記事を読む

no image

パナソニック補聴器株式会社

1992年に松下通信工業の補聴器専門販売会社として独立。先進のデジタル技術を追求しながら医療機関との

記事を読む

no image

ジーエヌリサウンドのナノテック・コーティング

補聴器を付けていると、どうしても汗や湿気から水分が発生し、それが腐食の原因になってしまいがちです。

記事を読む

no image

箱型・ポケット型補聴器の特徴

箱型・ポケット型補聴器は以前からある補聴器の形状で、本体の部分が箱型になっていて、それをポケットや袋

記事を読む

no image

最新のオーダーメイド補聴器製作動画

リオネット補聴器の「夢耳工房」で作られるオーダーメイド補聴器の製作工程が見られる動画があります。

記事を読む

補聴器に迷ったら!

補聴器に迷ったら!

難聴の人向けスピーカー「COMUOON(コミューン)」

軽度~中程度の難聴の方で、補聴器がわずらわしいと感じている方には朗報か

no image
突発性難聴と野菜の摂取の関連性

ご存知のように、突発性難聴は原因もはっきりしなければ、根本的な治療法も

no image
突発性難聴改善に朗報!難聴になった耳を酷使することで聞こえが改善の研究

これは突発性難聴で苦しんでいる人にとって朗報になるかもしれません。

20131226-13122651-nhktextv-000-1-view
全聾の作曲家、佐村河内守さんをご存知ですか?

もうすぐソチオリンピックが始まりますね。 やはり期待なのはフィギュア

iPhoneに直接接続できる補聴器が実現するかも

以前の記事で「iPhone型の補聴器があればいいのに!」と書きましたが

→もっと見る

  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文

PAGE TOP ↑