*

オープンフィッティングの補聴器

公開日: : 最終更新日:2014/01/16 補聴器の選び方

「オープンフィッティング」とは、簡単に言うと耳栓に隙間があるタイプの耳掛け型補聴器のことです。
このオープンフィッティングの機種では、こもり感や自分の声が変に聞こえる現象を抑えるために敢えて耳と耳栓の間に隙間を設けています。
軽度の難聴に多い、低音は聞こえるけれど高音が聞きづらい、といった場合、このオープンフィッティングの補聴器を使うことで、聞こえる低周波数は本来の自分の聴力を生かし、聞きづらい高音周波数成分のみを補聴器によって増幅することで、全体の聴こえを改善させることが可能になるのです。
そのことで、これまでは補聴器の使用が難しかった高音急墜型への補聴器の適応が可能になりました。
ただ、このオープンフィッティングの補聴器は耳との間に隙間があることから、ハウリングが非常に起こりやすいというデメリットもあります。そうしたハウリングについては近年の技術の進歩によりだいぶ抑えることが可能になってきました。

補聴器に迷ったら!

関連記事

no image

オムロンの新製品「イヤメイトデジタル AK-22」

マイナビニュースより。 わずか19g、ノイズリダクション機能付軽量補聴器 - オムロンヘルスケア

記事を読む

no image

最新のオーダーメイド補聴器製作動画

リオネット補聴器の「夢耳工房」で作られるオーダーメイド補聴器の製作工程が見られる動画があります。

記事を読む

no image

フォナック・ジャパン株式会社

スイスに本拠地を置く。創立は1947年。1987年にチューリッヒ郊外のシュテーファに移転。ヨーロッパ

記事を読む

no image

リオネット補聴器(リオン株式会社)

1944年(昭和19年)、音響学と物理学の研究所である財団法人小林理学研究所の研究成果の製品化を目的

記事を読む

cic

耳穴型補聴器の3つの種類

耳穴型・挿耳(インナーイヤー)型補聴器は、その機能から3種類に分かれています。 それは、 ・CIC型

記事を読む

補聴器に迷ったら!

補聴器に迷ったら!

難聴の人向けスピーカー「COMUOON(コミューン)」

軽度~中程度の難聴の方で、補聴器がわずらわしいと感じている方には朗報か

no image
突発性難聴と野菜の摂取の関連性

ご存知のように、突発性難聴は原因もはっきりしなければ、根本的な治療法も

no image
突発性難聴改善に朗報!難聴になった耳を酷使することで聞こえが改善の研究

これは突発性難聴で苦しんでいる人にとって朗報になるかもしれません。

20131226-13122651-nhktextv-000-1-view
全聾の作曲家、佐村河内守さんをご存知ですか?

もうすぐソチオリンピックが始まりますね。 やはり期待なのはフィギュア

iPhoneに直接接続できる補聴器が実現するかも

以前の記事で「iPhone型の補聴器があればいいのに!」と書きましたが

→もっと見る

  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文

PAGE TOP ↑