*

フォナック・ジャパン株式会社

公開日: : 最終更新日:2014/01/16 補聴器の選び方

スイスに本拠地を置く。創立は1947年。1987年にチューリッヒ郊外のシュテーファに移転。ヨーロッパに2つ、北米に3つ、計5つのR&Dセンターを運営し、多くの外部の研究パートナーと手を結ぶことで、多岐にわたる研究成果を補聴器に余すことなくフィードバックする。たとえば、騒音下の言語明瞭性を革新的に改善した機能や、利便性を劇的に高めたFMシリーズはその好例であり、困難な聴取環境にさらされている難聴の成人/子供たちの生活の質の改善を目指し、日々努力が続けられている。
ホームページ:http://www.phonak.jp/

補聴器に迷ったら!

関連記事

no image

RICタイプの補聴器(外耳道レシーバータイプ)

今までの耳掛け型補聴器のスピーカーは補聴器本体に組み込まれていて、音はチューブを通って耳栓から出てい

記事を読む

no image

リオネット補聴器(リオン株式会社)

1944年(昭和19年)、音響学と物理学の研究所である財団法人小林理学研究所の研究成果の製品化を目的

記事を読む

no image

人工内耳

難聴の大半、なかでも感音性難聴は、内耳の働きが悪くなることで起こるものですが、人工内耳はその働きの悪

記事を読む

no image

GN ReSound(ジーエヌリサウンドジャパン株式会社)

デンマークに本社をおき、販売網は80カ国以上をカバーするジーエヌリサウンドの原点は、ヨーロッパとアジ

記事を読む

no image

シーメンス補聴器の防水型補聴器「Aquaris」

シーメンス補聴器から、防水型の補聴器「Aquaris(アクアリス)」が発売になりました。 http:

記事を読む

補聴器に迷ったら!

補聴器に迷ったら!

難聴の人向けスピーカー「COMUOON(コミューン)」

軽度~中程度の難聴の方で、補聴器がわずらわしいと感じている方には朗報か

no image
突発性難聴と野菜の摂取の関連性

ご存知のように、突発性難聴は原因もはっきりしなければ、根本的な治療法も

no image
突発性難聴改善に朗報!難聴になった耳を酷使することで聞こえが改善の研究

これは突発性難聴で苦しんでいる人にとって朗報になるかもしれません。

20131226-13122651-nhktextv-000-1-view
全聾の作曲家、佐村河内守さんをご存知ですか?

もうすぐソチオリンピックが始まりますね。 やはり期待なのはフィギュア

iPhoneに直接接続できる補聴器が実現するかも

以前の記事で「iPhone型の補聴器があればいいのに!」と書きましたが

→もっと見る

  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文

PAGE TOP ↑