*

革命的きこえ機器「みみ太郎」と人工耳介

公開日: : 最終更新日:2014/01/19 補聴器の選び方

「みみ太郎」は、難聴に対して普通の補聴器とは違ったアプローチを試みている機器です。
具体的には、「人工耳介」というものがついているのです。
「人工耳介」とは、人間の耳の形に似せたシリコンのパーツで、マイクで音を集める際にその人工耳介を通すことで、耳で聞く音に近い、自然な聴こえを実現しているのです。
人工耳介はこのようなもの↓

人工耳介


この人工耳介が埋め込まれているイメージ↓


着目し、深い関心を寄せたのは人間の持つ貝殻の形をした耳『耳介(じかい)』の役割と効果でした。
 この複雑な耳の形は音の速さ、大きさ、距離、方向等に関係があると思われ、音がここを通ると、この形のために音の反射や屈折が起き、周波数も乱れます。そして、鼓膜を震わせ、脳へ音の情報を伝えているようなのです。

つまり、人間の耳の形には大きな意味があったのです。
その耳の形を模した人工耳介を集音部分にとりつけることで、人が音を聞く状態で集音でき、自然で立体的な生の音が得られるのです。
みみ太郎は健康な耳に近い状態で音を集め、脳に情報を提供し、後は脳の働きにお任せしています。
だから疲れないし、「生の聴こえ」が実現しているのです。
「みみ太郎」は、10日間の貸し出しサービスも行っています。
「一般的な補聴器とは構造が全く異なります。」という自信の表れをちょっと試してみるのもいいかもしれませんね!
聴こえが悪くて不自由した生活から抜け出すチャンスかもしれません。

  • 人間の耳の形を模した「人工耳介」を搭載
  • これまでの補聴器になかった「自然な聞こえ」を実現
  • 10日間の試聴貸出サービス中



※新製品です!詳しくは画像をクリック!




補聴器に迷ったら!

関連記事

96_4z2

オープンフィッティングの補聴器

「オープンフィッティング」とは、簡単に言うと耳栓に隙間があるタイプの耳掛け型補聴器のことです。 こ

記事を読む

no image

耳かけ型・眼鏡型補聴器の特徴

耳かけ型・眼鏡型補聴器は、従来からあった箱型・ポケット型の補聴器を小型化して、本体と耳にあてる部分を

記事を読む

no image

シーメンス補聴器、イージーメイドの耳あな型補聴器「MOTION EZ」3器種を発売

ニュース元:シーメンス補聴器、イージーメイドの耳あな型補聴器「MOTION EZ」3器種を発売 -

記事を読む

no image

フォナック・ジャパン株式会社

スイスに本拠地を置く。創立は1947年。1987年にチューリッヒ郊外のシュテーファに移転。ヨーロッパ

記事を読む

no image

リオネット補聴器(リオン株式会社)

1944年(昭和19年)、音響学と物理学の研究所である財団法人小林理学研究所の研究成果の製品化を目的

記事を読む

補聴器に迷ったら!

補聴器に迷ったら!

難聴の人向けスピーカー「COMUOON(コミューン)」

軽度~中程度の難聴の方で、補聴器がわずらわしいと感じている方には朗報か

no image
突発性難聴と野菜の摂取の関連性

ご存知のように、突発性難聴は原因もはっきりしなければ、根本的な治療法も

no image
突発性難聴改善に朗報!難聴になった耳を酷使することで聞こえが改善の研究

これは突発性難聴で苦しんでいる人にとって朗報になるかもしれません。

20131226-13122651-nhktextv-000-1-view
全聾の作曲家、佐村河内守さんをご存知ですか?

もうすぐソチオリンピックが始まりますね。 やはり期待なのはフィギュア

iPhoneに直接接続できる補聴器が実現するかも

以前の記事で「iPhone型の補聴器があればいいのに!」と書きましたが

→もっと見る

  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文

PAGE TOP ↑