*

補聴器の選び方のポイント

公開日: : 最終更新日:2014/01/16 補聴器の選び方

補聴器の種類はさまざまで、どれを選ぶか判断に迷うところです。
ここでは、補聴器の種類や長所・短所などを紹介します。
■箱型・ポケット型補聴器
補聴器の本体が箱型になっているタイプ。価格が安価で扱いやすい反面、大きいために目立ってしまう。
→箱型・ポケット型補聴器の特徴
■耳かけ型・眼鏡型補聴器
補聴器の本体を耳にかけて使用するタイプ。手軽で箱形よりも小さく目立ちにくいが、大きく身体を動かすと落ちる危険がある。
→耳かけ型・眼鏡型補聴器の特徴
■耳穴型・挿耳(インナーイヤー)型補聴器
補聴器の本体も外耳に挿入して使用するタイプ。最も小型で目立ちにくい反面、価格が高く、故障しやすい。
→耳穴型・挿耳(インナーイヤー)型補聴器の特徴

補聴器に迷ったら!

関連記事

no image

補聴器の選び方は本当に難しい

耳鼻科医や補聴器フィッターに協力してもらったとしても、補聴器の選び方が難しいことには変わりありません

記事を読む

no image

人工内耳

難聴の大半、なかでも感音性難聴は、内耳の働きが悪くなることで起こるものですが、人工内耳はその働きの悪

記事を読む

空気電池不要!充電式の補聴器「イヤーチャージ2」

補聴器を使用しているときに最もわずらわしいのは電池の交換ではないでしょうか。 空気電池は連続使用す

記事を読む

no image

ジーエヌリサウンドのナノテック・コーティング

補聴器を付けていると、どうしても汗や湿気から水分が発生し、それが腐食の原因になってしまいがちです。

記事を読む

15797

フォナック「MH2O」

フォナック「MH2O」を紹介いたします。 http://www.phonak.jp/product

記事を読む

補聴器に迷ったら!

補聴器に迷ったら!

難聴の人向けスピーカー「COMUOON(コミューン)」

軽度~中程度の難聴の方で、補聴器がわずらわしいと感じている方には朗報か

no image
突発性難聴と野菜の摂取の関連性

ご存知のように、突発性難聴は原因もはっきりしなければ、根本的な治療法も

no image
突発性難聴改善に朗報!難聴になった耳を酷使することで聞こえが改善の研究

これは突発性難聴で苦しんでいる人にとって朗報になるかもしれません。

20131226-13122651-nhktextv-000-1-view
全聾の作曲家、佐村河内守さんをご存知ですか?

もうすぐソチオリンピックが始まりますね。 やはり期待なのはフィギュア

iPhoneに直接接続できる補聴器が実現するかも

以前の記事で「iPhone型の補聴器があればいいのに!」と書きましたが

→もっと見る

  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文

PAGE TOP ↑