*

RICタイプの補聴器(外耳道レシーバータイプ)

公開日: : 最終更新日:2014/01/16 補聴器の選び方

今までの耳掛け型補聴器のスピーカーは補聴器本体に組み込まれていて、音はチューブを通って耳栓から出ていました。それに対してRICタイプでは非常に小さなスピーカーが直接外耳道の耳栓部に置かれ、補聴器本体とはコードでつながっています。そのため、音は補聴器本体からではなく耳の中で出ます。そして、補聴器本体と耳の穴の中のスピーカーとをつなぐコードはとても細くて目立ちません。
特徴は、従来は補聴器本体の中にあったスピーカーを分離して耳の中に置くため、それだけ本体を小型化できることです。
また、従来のものに比べるとチューブでの共鳴がなくなり、滑らかな音が出ます。
RICタイプの補聴器の適応は、オープンタイプとして使用するときには軽度難聴、あるいは、特に高音域の聞こえが悪くなっている中等度難聴となります。しかし、オープンタイプだけではなく、耳栓を換えたりイヤモールドを作るなどして密閉して使用することも可能です。その場合は従来の補聴器と同じく重度難聴まで対応できます。
このようにRICタイプの補聴器は見た目にはあまり目立たず、また音質も良いことから、これからの主流になっていくタイプの補聴器ではないでしょうか。

補聴器に迷ったら!

関連記事

no image

リオネット補聴器(リオン株式会社)

1944年(昭和19年)、音響学と物理学の研究所である財団法人小林理学研究所の研究成果の製品化を目的

記事を読む

no image

耳穴型・挿耳(インナーイヤー)型補聴器の特徴

耳穴型・挿耳(インナーイヤー)型補聴器は、近年の技術の進歩により急速に普及している補聴器の型です。

記事を読む

空気電池不要!充電式の補聴器「イヤーチャージ2」

補聴器を使用しているときに最もわずらわしいのは電池の交換ではないでしょうか。 空気電池は連続使用す

記事を読む

no image

スターキージャパン株式会社

アメリカ・ミネソタ州に本社を置き、全世界に33カ所の生産拠点と800カ所以上の流通・販売拠点を有する

記事を読む

no image

クロス(CROS)補聴器

クロス(CROS)補聴器とは、片耳だけが難聴の場合、聞こえない方の音を、聞こえる方の耳で聞くようにし

記事を読む

補聴器に迷ったら!

補聴器に迷ったら!

難聴の人向けスピーカー「COMUOON(コミューン)」

軽度~中程度の難聴の方で、補聴器がわずらわしいと感じている方には朗報か

no image
突発性難聴と野菜の摂取の関連性

ご存知のように、突発性難聴は原因もはっきりしなければ、根本的な治療法も

no image
突発性難聴改善に朗報!難聴になった耳を酷使することで聞こえが改善の研究

これは突発性難聴で苦しんでいる人にとって朗報になるかもしれません。

20131226-13122651-nhktextv-000-1-view
全聾の作曲家、佐村河内守さんをご存知ですか?

もうすぐソチオリンピックが始まりますね。 やはり期待なのはフィギュア

iPhoneに直接接続できる補聴器が実現するかも

以前の記事で「iPhone型の補聴器があればいいのに!」と書きましたが

→もっと見る

  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文

PAGE TOP ↑